Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 歴代誌下15章3~7節

聖書黙想 歴代誌下15章3~7節(新共同訳 旧約p.689)
「主を尋ね求めよ」

 私達は心と力を尽くして主を尋ね求めなければならない。アザルヤは、神を尋ね求めなかったイスラエルの過去に言及し、神を尋ね求めるアサに力を与えた。そして、神不在の状況を「まことの神」、「教える祭司」、「律法」がないと繰り返して、強調している。神不在の結果は、戦いと争いと苦しみである。平安を失った時には、まず神との関係がどうであるかを振り返ってみなければならない。神は平和と災いの主権者である(イザヤ書45章7節)。神が様々な苦難を許されるのは、神を覚えて尋ね求めよというサインである。平安と回復は神から来る。主を尋ね求めることに力を注ぐ時、神は必ず大きな恵みをもって報いて下さる。

聖書黙想 歴代誌下15章1~2節

聖書黙想 歴代誌下15章1~2節(新共同訳 旧約p.689)
「アザルヤの宣告」

 最も強い人は、神が共にいる人である。アサ王が神に拠り頼むことによって強大国クシュとの戦いに勝利して帰って来ると、オデドの子アザルヤが彼らを迎えて神の言葉を伝えた。「あなたたちが主と共にいるなら、主もあなたたちと共にいてくださる」という言葉は、神が私達と共におられるかどうかを問う前に、私達が罪から立ち返って神と共に歩んでいるかを問うべきであるという意味を含んでいる。続いてアザルヤは、神がご自身を示して下さる条件を語る。「もしあなたたちが主を求めるなら」の「求める」は、歴代誌に繰り返し出てくる表現である。私達が神を求めるなら、神はご自身を示して下さるが、神を捨てるなら、神も私達を捨てられる。神が共に歩んで下さる人が最も幸いな人で、力強く歩める。

Christian News Watch (Japan), Twitter 2018年11月14日7時59分

〈引用〉
Christian News Watch (Japan)(@christian_japan)「どこかの牧師さんみたいに『平和活動家』と一緒に違法行為をやって罪に問われるなどは論外だが、そうでなくとも外での活動に力を入れるほど中が疎かになるのは避けられないだろう。それで一人の信徒の人生に深く関わる余力があるのか。政治化するほど、最初から敬遠されることにもなろう。」2018年11月14日7時59分のツィート
https://twitter.com/christian_japan/status/1062736763695751168

Christian News Watch (Japan), Twitter 2018年11月14日7時53分

〈引用〉
Christian News Watch (Japan)(@christian_japan)「日本で宣教が進まない理由には色々考えられるが、教会の政治化が主因の一つというのは間違いない。『社会派』を標榜するのはいいが、それでは現に目の前にいる信徒に目が向いているのかという疑問が出る。一見平和そうなサラリーマン家庭も往々にして真剣な問題を抱えていたりする。」2018年11月14日7時53分のツィート
https://twitter.com/christian_japan/status/1062735214265286657