Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 詩編78編12~22節

聖書研究 詩編78編12~22節(新共同訳 旧約pp.913-914)

聖書研究 詩編78編1~11節

聖書研究 詩編78編1~11節(新共同訳 旧約p.913)

聖書研究 詩編77編11~21節

聖書研究 詩編77編11~21節(新共同訳 旧約pp.912-913) (1) 主なる神の御業を想起する(11~16節) アサフは苦難が続くことと主なる神が沈黙されることによる苦悩と不安を克服する方法を示している。その方法とは、過去に主なる神が救って下さった御業を思い浮…

聖書研究 詩編77編1~10節

聖書研究 詩編77編1~10節(新共同訳 旧約pp.911-912) (1) 苦難の襲う時(1~4節) 苦難の時には私達の生活のリズムが崩れてしまう。現実への対処をめぐって頭が混乱し、他の人の慰めの言葉も心に届くことはない。心理的な緊張が高まって眠れなくなることもある…

聖書研究 詩編76編1~13節

聖書研究 詩編76編1~13節(新共同訳 旧約p.911) (1) 御名の大いなることを示される主なる神(1~7節) 神の民は、主なる神がどのような方であるか、よく知っている。主なる神はご自分の民が住む場所の中心に臨在され(3節)、彼らに安全と平和を下さる方である。…

聖書研究 詩編75編1~11節

聖書研究 詩編75編1~11節(新共同訳 旧約pp.910-911) [3~6節] 主なる神の言葉 ヘブライ語原文を見ると、この箇所が主なる神の言葉であることは明らかにされていない。しかし、動詞が1人称単数に変わっているので、話者が前節と違うことは確かである。それと…

聖書研究 詩編74編12~23節

聖書研究 詩編74編12~23節(新共同訳 旧約pp.909-910) (1) 救いの御業を果たされる王(12~17節) 神の民が裁きの中にあっても主なる神に救いを訴えることが出来るのは、主なる神が救い主であり、王だからである(12節)。 主なる神の御力は、イスラエルをエジプ…

聖書研究 詩編74編1~11節

聖書研究 詩編74編1~11節(新共同訳 旧約p.909) (1) 主なる神の御怒りの結果(1~8節) 反逆したイスラエルに対する主なる神の裁きを見て、アサフは悲しみ、主なる神に憐れみを請うた(1~2節)。 アサフは、怒った主なる神がイスラエルを裁かれる光景を生々しく…

聖書研究 詩編73編15~28節

聖書研究 詩編73編15~28節(新共同訳 旧約pp.908-909) (1) 夢のように虚しい人生(15~21節) アサフは、悪者の繁栄と敬虔な者の苦難という不条理な現実のために疑いに陥り、罷り間違えば悪者の道に従って彼らの人生哲学を追い求めるところであった。 しかし、…

聖書研究 詩編73編1~14節

聖書研究 詩編73編1~14節(新共同訳 旧約pp.907-908) [3~12節] 主なる神に逆らう者の安泰 3節からはアサフが何故信仰の危機に瀕したかが説明されている。「神に逆らう者の安泰を見て」、「驕る者をうらやんだ」とあることから、彼らとの直接的な関係によっ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一16章13~24節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一16章13~24節(新共同訳 新約pp.323-324) [13節] 目を覚ましていなさい パウロは手紙を書き終える前に、コリントの教会の人々に「目を覚ましていなさい。信仰に基づいてしっかり立ちなさい。雄々しく強く生きなさい」と勧め…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一16章1~12節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一16章1~12節(新共同訳 新約p.323) [1節] 募金について パウロはここで主題を変えて、「聖なる者たちのための募金」に関する話を切り出す。この募金は困難の中にあるエルサレムの教会のためであった。パウロは「ガラテヤの…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章50~58節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章50~58節(新共同訳 新約pp.322-323) [50節] 朽ちる血肉 パウロは神の国を相続することについて論じる。そのために死者の復活が確かにあることをもう一度語り、それを前提に説明しようとした。「肉と血は神の国を受け継…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章35~49節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章35~49節(新共同訳 新約pp.321-322) [35~38節] 死んで甦る パウロはこれまで死者が再び甦るという主張を、一貫性を持って論じてきた。それについてこの箇所では、①「死者はどんなふうに復活するのか」、②「どんな体で…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章29~34節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章29~34節(新共同訳 新約p.321) [32節後半~34節] 罪を犯してはならない 「もし、死者が復活しないとしたら」(32節)、刹那的で無節制な快楽主義に陥る人が出てくる。「食べたり飲んだりしようではないか。どうせ明日は…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章20~28節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章20~28節(新共同訳 新約p.321) (1) 眠りについた人達の初穂となられたイエス・キリスト(20~24節) イエス・キリストの復活は人類の歴史と直結している。主なる神が人間を創造された時、永遠の命を与えることを願われた…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章12~19節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章12~19節(新共同訳 新約pp.320-321) [13節~15節前半] キリストが復活しなかったのなら パウロは死者の復活を否定する人々に対して反論する(13節)。イエス・キリストが復活されたのは、復活があることの最たる証拠であ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章1~11節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章1~11節(新共同訳 新約p.320) [1~2節] パウロが告げ知らせた福音 コリントの教会の人々はパウロの宣べ伝えた「福音」(εὐαγγέλιον [euangelion])を「受け入れ、生活のよりどころにしている」(1節)とパウロは言う。これ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章26~40節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章26~40節(新共同訳 新約p.319) [26節] 徳を高めるために パウロは礼拝で賜物を用いることについて、全て教会の徳を高めるためにすべきであると語る。礼拝では「詩編の歌をうたい、教え、啓示を語り、異言を語り、それ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章13~25節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章13~25節(新共同訳 新約pp.318-319) [13節] 異言を解釈すること パウロは、「異言を語る者」に「それを解釈できる」ように祈ることを勧めた。異言を語る者も、それを聞く者も、その意味が分かるようになるためである。…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章1~12節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章1~12節(新共同訳 新約pp.317-318) [1節] 愛を追い求めなさい 13章で愛について、その前の12章で賜物について教えたことを踏まえて、パウロは、教会を建て上げるために、あらゆる「霊的な賜物」の中でも「特に預言する…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一13章1~13節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一13章1~13節(新共同訳 新約p.317) (1) 愛――イエス・キリストの生涯(1~7節) 御子イエス・キリストは、人間の目に見えず、耳で聞こえない主なる神を人間に見せ、聞かせるために、真の人間としてこの地に来られた。イエス・…

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一12章22~31節

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一12章22~31節(新共同訳 新約pp.316-317) (1) 互いに配慮し合う(22~25節) パウロはコリントの教会において人の目につき易い賜物を持っていない人達が蔑ろにされていることを指摘する。その上で、「体の中でほかよ…

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一12章12~21節

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一12章12~21節(新共同訳 新約p.316) (1) 一つの霊(12~13節) パウロは教会について「体のすべての部分の数は多くても、体は一つである」(12節)ことに喩えた。イエス・キリストを主と信じた者は、「一つの霊によって…

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一12章1~11節

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一12章1~11節(新共同訳 新約pp.315-316) (1) 「イエスは主である」と告白する(1~3節) パウロは「霊的な賜物」(1節)を誇示するコリントの教会の人々の誤りを正そうとした。コリントの教会の人々は、当時存在した宗…

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一11章27~34節

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一11章27~34節(新共同訳 新約p.315) (1) 主の晩餐に参加するための自己吟味(27~29節) パウロは、主の晩餐において明らかに見られたコリントの教会の問題に対処するため、語調を強めて語る。主の晩餐に与る特権と召…

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一11章17~26節

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一11章17~26節(新共同訳 新約pp.314-315) (1) 分裂によって悪い結果を招いている集まり(17~19節) パウロはコリントの教会の「ほめるわけにはい」(17節)かない点について指摘する。それは主の晩餐に関することであ…

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一11章1~16節

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一11章1~16節(新共同訳 新約pp.313-314) (1) 礼拝時に守ること(1~6節) パウロは、自分が彼らに「伝えたとおりに、伝えられた教えを守っている」(2節)コリントの教会の人々に、その原理について語った。それは「す…

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一10章23~33節

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一10章23~33節(新共同訳 新約p.313)

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一10章14~22節

聖書の黙想と適用 コリントの信徒への手紙一10章14~22節(新共同訳 新約p.312)