Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

祈り 詩篇130篇1節~131篇3節

祈り 詩篇130篇1節~131篇3節(新改訳 旧約pp.954-955) 悪に対しては、聖さを保つことができますように。どんなに小さな罪にも敏感になって捨て、つまずいてもすぐに悔い改めの場に進み出ることができますように。

聖書黙想 詩篇131篇1~3節

聖書黙想 詩篇131篇1~3節(新改訳 旧約p.955)「平安をくださる神」 高慢な人は、心と目が高ぶり、他人と比べて競い、自分をすぐれた者に見せようと、偉大なことを企てます。そのため、その人は不安、心配、焦燥、ストレスなどに苦しめられます。しかし、へり…

聖書黙想 詩篇130篇1~8節

聖書黙想 詩篇130篇1~8節(新改訳 旧約pp.954-955)「赦される神」 罪を犯したときには、心から神に告白し、神のいつくしみとあわれみを待ってください。神は選ばれた民が罪を遠ざけ、区別された生活をすることを願っておられます。神の子となっても、私たち…

祈り 詩篇128篇1節~129篇8節

祈り 詩篇128篇1節~129篇8節(新改訳 旧約pp.953-954) 成熟した神の子どもになりたいと願います。神の御心を少しでも理解し、私が言いたいことよりも、神が語られるみことばに耳を傾ける一日となりますように。

聖書黙想 詩篇129篇1~8節

聖書黙想 詩篇129篇1~8節(新改訳 旧約p.954)「シオンを憎む者が受ける恥」 ここでいう悪者がだれなのか、正確に知ることはできませんが、歴史の中でイスラエルをたびたび苦しめた人々です。彼らはまるで農夫が畑を耕して長いあぜを作るように、イスラエルに…

聖書黙想 詩篇128篇1~6節

聖書黙想 詩篇128篇1~6節(新改訳 旧約pp.953-954)「神を恐れ敬う者が受ける祝福」 神は、神を恐れ敬い、神の道を歩む者を祝福してくださいます。神を恐れ敬う人とは、神を知り、神と親密な関係を維持し、悪を憎み、悪から離れる人です。また、神を恐れ敬う…

祈り 詩篇127篇1~5節

祈り 詩篇127篇1~5節(新改訳 旧約p.953) 好きなものに執着する時があることを告白します。どんなことも、まず神に尋ね、それを神が喜ばれるかどうかが、すべての決定の根拠となるように助けてください。

聖書黙想 詩篇127篇3~5節

聖書黙想 詩篇127篇3~5節(新改訳 旧約p.953)「神の賜物」 困難に遭ったとき、子どもたちに助けてもらえる親は幸せです。子どもは、神がくださった尊い賜物です。神は、子ども以外にも健康、知恵、才能、財産などを贈り物としてくださいます。だからといって…

聖書黙想 詩篇127篇1~2節

聖書黙想 詩篇127篇1~2節(新改訳 旧約p.953)「人の労苦」 聖徒は、何かをするとき、神がそれを喜ばれるか、祈って尋ねなければなりません。神が喜ばれず、ともにおられないことなら、そのことに対するあらゆる労苦はむなしいだけです。結果が良いからといっ…

祈り 申命記34章1~12節

祈り 申命記34章1~12節(新改訳 旧約pp.336-337) いつでも主が呼ばれるときに、準備できた状態で答えることができますように。みことばである主と交わる恵みを与えてくださり、知恵の霊である聖霊で満たしてください。

聖書黙想 申命記34章9~12節

聖書黙想 申命記34章9~12節(新改訳 旧約pp.336-337)「後継者ヨシュア」 神は、神の国のために、つねに人を準備させます。知恵と御霊に満たされている人を用いられます。モーセは、自分の後継者であるヨシュアに手を置いて祈りました。神は、モーセに代わる…

聖書黙想 申命記34章1~8節

聖書黙想 申命記34章1~8節(新改訳 旧約p.336)「モーセの死」 神は、使命を果たすときまで、ご自分のしもべのいのちを守られます。モーセの使命は、イスラエルの民をモアブの地に導くことでした。つらく苦しい時もありましたが、モーセは忠実に使命を果たし…

祈り 申命記33章22~29節

祈り 申命記33章22~29節(新改訳 旧約pp.335-336) 私の人生に対する神のご計画とビジョンを示してください。主の御心にかなった価値ある人生となり、主の御心に従うことができますように。

聖書黙想 申命記33章24~29節

聖書黙想 申命記33章24~29節(新改訳 旧約p.336)「アシェル族とイスラエルに対する祝福」 モーセは、アシェル族が子らの中で最も祝福され、兄弟たちの喜びとなり、強く栄えるように祝福します。モーセは、各部族を祝福した後、イスラエル全体に臨む神の恵み…

聖書黙想 申命記33章22~23節

聖書黙想 申命記33章22~23節(新改訳 旧約p.335)「ダン、ナフタリ族に対する祝福」 神は、ご自分の民に祝福と平安を与えたいと願われます。モーセは、ダン族をバシャンからおどり出る獅子の子にたとえます。これは彼らが戦いで勇猛なことを預言するものです…

祈り 申命記33章13~21節

祈り 申命記33章13~21節(新改訳 旧約p.335) 各部族に与えられた分量と役割に応じて祝福される主よ。与えられた使命を忠実に行うことで、主の祝福を味わえますように。日々恵みを告白し、主に栄光を帰します。

聖書黙想 申命記33章18~21節

聖書黙想 申命記33章18~21節(新改訳 旧約p.335)「ゼブルン、イッサカル、ガド族に対する祝福」 聖徒は、隣人に福音を伝え、彼らを礼拝の場に導くべきです。モーセは、ゼブルンとイッサカル族が周辺の人々を山に招いて、神に正しい礼拝をささげるように祝福…

聖書黙想 申命記33章13~17節

聖書黙想 申命記33章13~17節(新改訳 旧約p.335)「ヨセフ族に対する祝福」 次に、モーセはヨセフ族を祝福します。12兄弟の中から選び出されたヨセフ族のために、モーセは地の豊かな祝福を祈ります。パレスチナ地域では水がとても貴重ですが、ヨセフ族の地は…

祈り 申命記33章8~12節

祈り 申命記33章8~12節(新改訳 旧約pp.334-335) 私を霊的な祭司としてくださった主よ。レビ族のように、みことばに従って行うことが人生の優先事項となるように、みことばの黙想に深い恵みと愛を注いでください。

聖書黙想 申命記33章12節

聖書黙想 申命記33章12節(新改訳 旧約pp.334-335)「ベニヤミン族に対する祝福」 モーセは、ヤコブの末の息子であるベニヤミン族を祝福します。このことを通して、ベニヤミン族への神の格別な愛を垣間見ることができます。主に愛されているベニヤミン族は、主…

聖書黙想 申命記33章8~11節

聖書黙想 申命記33章8~11節(新改訳 旧約p.334)「レビ族に対する祝福」 モーセは、レビ族が、自分の親も兄弟も子どもさえも顧みなかったと言います。それは、彼らが血統や情を超えて神のみことばを行い、契約を守るためでした。レビ族はかつて、イスラエルが…

祈り 申命記33章1~7節

祈り 申命記33章1~7節(新改訳 旧約p.334) 神様、人生最期の瞬間まで「神の人」と呼ばれたモーセのことを思い出します。私の人生を通して主に従い、私も「神の人」と呼ばれる人になれますように。

聖書黙想 申命記33章4~7節

聖書黙想 申命記33章4~7節(新改訳 旧約p.334)「みことばの統治」 イスラエルの民が神から与えられた最も大切な相続地は、土地や地のさまざまな美しい産物ではなく、律法でした。エシュルン(イスラエル)の王となられた神は、ご自分の民に律法を贈り物として…

聖書黙想 申命記33章1~3節

聖書黙想 申命記33章1~3節(新改訳 旧約p.334)「聖徒を愛する神」 聖書はモーセのことを「神の人」と呼んでいます。彼は使命に忠実で、神のみことばを真実に伝えた預言者でした。モーセは死ぬ前に、イスラエルの民に最高の贈り物をしました。それは祝福の祈…

祈り 申命記32章44~52節

祈り 申命記32章44~52節(新改訳 旧約p.333) 父なる神様、子どもたちをいのちのみことばで養育するとき、妥協しないように助けてください。まずみことばに従って適用する親として、人生の模範となれますように。

聖書黙想 申命記32章48~52節

聖書黙想 申命記32章48~52節(新改訳 旧約p.333)「神聖さを現さない罪」 神は、モーセに、ネボ山に登ってイスラエルの子孫の相続地となるカナンの地を眺めなさいと言われます。そして、アロンがホル山で先祖のもとに帰ったように、モーセもネボ山で先祖のも…

聖書黙想 申命記32章44~47節

聖書黙想 申命記32章44~47節(新改訳 旧約p.333)「次世代に伝えるべきみことば」 人生の終わりを迎えたモーセは、これらすべての歌でみことばを宣言し(32章1~43節)、再び心を尽くして民に勧めます。神のみことばを心に深く刻み、子どもたちにそれを教え、守…

祈り 申命記32章28~43節

祈り 申命記32章28~43節(新改訳 旧約pp.332-333) 知恵の源である主を恐れ敬い、きょう接する人や仕事の中で知恵ある行動ができますように。主の懲らしめを受けるときにも、主の深い愛を悟ることができますように。

聖書黙想 申命記32章36~43節

聖書黙想 申命記32章36~43節(新改訳 旧約pp.332-333)「神のあわれみ」 神は、不従順な民をさばかれると同時に、あわれみといつくしみによって回復してくださいます。神は苦痛と苦難の中で望みなく生きている民をあわれみ、避け所となられ、助ける者を送って…

聖書黙想 申命記32章28~35節

聖書黙想 申命記32章28~35節(新改訳 旧約p.332)「霊的な分別力」 聖徒は、すべてのことに分別力をもって行動すべきです。イスラエルの民に神を恐れる知恵があったならば、彼らは自分たちの行動がどのような結果をもたらすかを悟り、それによって神を捨てる…