Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2017-06-04から1日間の記事一覧

聖書の黙想と適用 民数記11章10~23節

聖書の黙想と適用 民数記11章10~23節(新共同訳 旧約pp.231-232) (1) モーセの訴え(10~15節) 指導者は孤独である。人知れず重い責任に苦しみ、また自分の無力さを痛感させられることがある。イスラエルの民は「誰か肉を食べさせてくれないものか」(4節)と呟…

聖書の黙想と適用 民数記11章1~9節

聖書の黙想と適用 民数記11章1~9節(新共同訳 旧約pp.230-231) (1) 民の不満と主なる神の憤り(1~3節) イスラエルの民は、シナイ山を出発し、パランの荒れ野に向かって「三日の道のりを進んだ」(10章33節)が、その後主なる神に不満を言い始めた(1節)。勿論、…