Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2017-07-14から1日間の記事一覧

聖書の黙想と適用 民数記28章16~31節

聖書の黙想と適用 民数記28章16~31節(新共同訳 旧約pp.263-264) 「第一の月の十四日は、主の過越である」(16節)。 主なる神はイスラエルの民をエジプトから助けられた時、10の災いでエジプトを打たれた。その最後である初子を打つ災いから、主なる神はイス…

聖書の黙想と適用 民数記28章1~15節

聖書の黙想と適用 民数記28章1~15節(新共同訳 旧約pp.262-263) 「イスラエルの人々に命じて、こう言いなさい。あなたたちは、わたしの食物である献げ物を、燃やしてささげる宥めの香りとして、定められた時に忠実にわたしにささげなさい」(2節)。 主なる神…

聖書の黙想と適用 民数記27章12~23節

聖書の黙想と適用 民数記27章12~23節(新共同訳 旧約p.262) 「主はモーセに言われた。『霊に満たされた人、ヌンの子ヨシュアを選んで、手を彼の上に置き』」(18節)。 主なる神はモーセの後を継ぐ人としてヨシュアを選ばれた。主なる神はヨシュアについて「霊…

聖書の黙想と適用 民数記27章1~11節

聖書の黙想と適用 民数記27章1~11節(新共同訳 旧約p.261) 「ツェロフハドの娘たちの言い分は正しい。あなたは、必ず娘たちに、その父の兄弟たちと同じように、嗣業としての所有地を与えねばならない。娘たちにその父の嗣業の土地を渡しなさい」(7節)。 古代…