Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-07-09から1日間の記事一覧

Arendt, The Origins of Totalitarianism, p.341 (大久保, 大島訳『全体主義の起原』3, p.70)

Hannah Arendt, The Origins of Totalitarianism, Meridian Books; MG15, New York: Meridian Books, 1958, Meridian Books ed., p.341 (大久保 和郎, 大島 かおり訳『全体主義の起原』3 全体主義, 東京: みすず書房, 2017年, 新版, p.70) 「プロバガンダと…

Hannah Arendt The Origins of Totalitarianism Chapter Ten

Hannah Arendt The Origins of Totalitarianism Chapter Ten【関心・疑問】 【論文名】第十章 階級社会の崩壊 【著者名】Hannah Arendt (大久保 和郎, 大島 通義, 大島 かおり訳) 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】The Origins of Totalitarianism, …

Hannah Arendt The Origins of Totalitarianism Chapter Nine

Hannah Arendt The Origins of Totalitarianism Chapter Nine【関心・疑問】 【論文名】第九章 国民国家の没落と人権の終焉 【著者名】Hannah Arendt (大久保 和郎, 大島 通義, 大島 かおり訳) 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】The Origins of Tota…

Hannah Arendt The Origins of Totalitarianism Chapter Six

Hannah Arendt The Origins of Totalitarianism Chapter Six【関心・疑問】 【論文名】第六章 帝国主義時代以前における人種思想の発展 【著者名】Hannah Arendt (大久保 和郎, 大島 通義, 大島 かおり訳) 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】The Orig…

Rousas John Rushdoony The Institutes of Biblical Law V. 6

Rousas John Rushdoony The Institutes of Biblical Law V. 6

Rousas John Rushdoony The Institutes of Biblical Law XI. 2

Rousas John Rushdoony The Institutes of Biblical Law XI. 2【関心・疑問】 【論文名】XI. The Promisesof Law 【著者名】Rousas John Rushdoony 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.…

Rousas John Rushdoony The Death of Meaning POWER IN THE MODERN WORLD 3

Rousas John Rushdoony The Death of Meaning POWER IN THE MODERN WORLD 3【関心・疑問】 【論文名】3. Godly Rule 【著者名】Rousas John Rushdoony 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】The Death of Meaning, Vallecito, CA: Ross House Books, 200…

聖書研究 使徒言行録14章19~28節

聖書研究 使徒言行録14章19~28節(新共同訳 新約p.242) (1) 神の国に入るための苦しみ(19~23節) 福音に反対する「ユダヤ人たちがアンティオキアとイコニオンから」リストラまでパウロ達を追って「やって来」た。彼らはリストラの「群衆を抱き込み、パウロに…