Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-07-27から1日間の記事一覧

Rossiter, Conservatism in America, p.45 (アメリカ研究振興会訳『アメリカの保守主義』pp.39-40)

Rossiter, Conservatism in America, p.45 (アメリカ研究振興会訳『アメリカの保守主義』pp.39-40)【関心・疑問】 【論文名】第二章 保守主義の伝統――バークからカークへの途 【著者名】Clinton Rossiter (アメリカ研究振興会訳) 【書名・(巻・号)・出版社・…

Rossiter, Conservatism in America, pp.67-68 (アメリカ研究振興会訳『アメリカの保守主義』pp.61-62)

Rossiter, Conservatism in America, pp.67-68 (アメリカ研究振興会訳『アメリカの保守主義』pp.61-62)【関心・疑問】 【論文名】第三章 アメリカの伝統における保守主義と自由主義――二重人格者としてのアメリカ人 【著者名】Clinton Rossiter (アメリカ研究…

Rossiter, Conservatism in America, p.115 (アメリカ研究振興会訳『アメリカの保守主義』p.97)

Rossiter, Conservatism in America, p.115 (アメリカ研究振興会訳『アメリカの保守主義』p.97)【関心・疑問】 【論文名】第四章 アメリカの保守主義(一六〇七-一八六五)――あるいはフェデラリストに拍手三回カルフーンに拍手一回 【著者名】Clinton Rossite…

聖書研究 使徒言行録20章32節

聖書研究 使徒言行録20章32節(新共同訳 新約p.255) パウロは「神とその恵みの言葉とにあなたがたをゆだねます」と宣言する。「ゆだねる」と訳されているギリシア語παρατίθημι [paratithémi (パラティセーミ)]という動詞は、一般的には「任す」や「委託する」…

聖書研究 使徒言行録20章31~38節

聖書研究 使徒言行録20章31~38節(新共同訳 新約p.255) パウロは、エルサレムへと旅立とうとする時に、エフェソの長老達を「神とその恵みの言葉」(32節)に委ねた。主なる神の言葉がキリスト者と教会を「造り上げ」(32節)、立たせて下さるからである。また、…

聖書研究 使徒言行録20章28~30節

聖書研究 使徒言行録20章28~30節(新共同訳 新約pp.254-255) パウロは偽教師に注意するよう語る。偽教師は、教会に「入り込んで来て」偽りの教えを説き、主なる神の言葉を歪曲して「群れを荒らす」(29節)。教会外だけでなく、教会の「中からも」主なる神の言…

聖書研究 使徒言行録20章25~27節

聖書研究 使徒言行録20章25~27節(新共同訳 新約p.254) 主なる神の言葉を聞き、信じるなら救いに到る。聖書の中には罪を指摘する言葉もあり、そのことを語りたくないと思うこともあるかも知れない。しかし、誰かが語らなければ、人々は信じることも、信仰に…

聖書研究 使徒言行録20章28節

聖書研究 使徒言行録20章28節(新共同訳 新約pp.254-255) 牧者としての神の隠喩は聖書でよく登場し、神の民は彼らの統治者の下にある(詩編74編1~2節、100編3節、イザヤ書40章11節、エレミヤ書13章17節、エゼキエル書34章)。 この隠喩は教会を導く者にも適用…

聖書研究 使徒言行録20章33~35節

聖書研究 使徒言行録20章33~35節(新共同訳 新約p.255) パウロは長老達に自分の働きと生き方を見習うように助言した。パウロは「他人の金銀や衣服をむさぼったこと」(33節)がなかった。のみならず、彼は自分「自身の生活のため」だけでなく、「共にいた人々…

聖書黙想 民数記26章52~65節

聖書黙想 民数記26章52~65節(新共同訳 旧約pp.260-261) (1) カナンの地の分配の基準(52~56節) 主なる神が定められた原則と基準は完全な公義と愛に基づいている。カナンの地の分配の問題は、一歩間違うとイスラエルの部族間に葛藤を引き起こしかねなかった…