Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-07-28から1日間の記事一覧

Gentry, He Shall Have Dominion, p.64

Kenneth L. Gentry, Jr., He Shall Have Dominion: A Postmillennial Eschatology, Tyler, Texas, Institute for Christian Economics, 1992, p.64 "Certainly each of the millennial views presented above has characteristic features that are differen…

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, p.88

Rousas John Rushdoony, The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.J.: Craig Press, 1973, p.88 "Finally, seventh, it should be noted that, while evangelical Christians today are greatly concerned with personal holiness, th…

Rushdoony, The Institutes of Biblical Law, p.96

Rousas John Rushdoony, The Institutes of Biblical Law: A Chalcedon Study, Nutley, N.J.: Craig Press, 1973, p.96 "The problem of conflict cannot be resolved in any just and orderly manner in a relativistic society. Since every perspective, …

聖書研究 使徒言行録21章7~16節

聖書研究 使徒言行録21章7~16節(新共同訳 新約pp.255-256) パウロは「カイサリアに赴き」、「福音宣教者フィリポの家」に滞在した(8節)。そこに「ユダヤからアガボという預言する者」(10節)がやって来た。そして、「パウロの帯を取り、それで自分の手足を縛…

聖書研究 使徒言行録21章1~6節

聖書研究 使徒言行録21章1~6節(新共同訳 新約p.255) ミレトスを去ったパウロは、「シリア州」の「ティルスの港に着」き(3節)、現地のキリスト者と交わりを持ちながら、「そこに七日間泊まった」(4節)。 ところが、パウロがエルサレムで直面することになる苦…

聖書黙想 雅歌1章7~8節

聖書黙想 雅歌1章7~8節(新共同訳 旧約p.1049)「足跡を辿って」 愛されているという確信は自信となる。花嫁は花婿に、「真昼には」どこで羊の「群れを憩わせる」のか教えて欲しいと尋ねた(7節)。そこで二人だけの時間を過ごすためである。もし教えてくれない…