Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-08-03から1日間の記事一覧

聖書黙想 使徒言行録23章12~21節

聖書黙想 使徒言行録23章12~21節(新共同訳 新約pp.260-261)「パウロ暗殺の陰謀」 主なる神は使命を与えた者を守って下さる方である。「パウロを殺すまでは飲み食いしないという誓いを立てた」(12節)「四〇人以上」(13節)のユダヤ人が隠れて待っている緊迫し…

聖書黙想 使徒言行録23章22~24節

聖書黙想 使徒言行録23章22~24節(新共同訳 新約p.261)「パウロの護送準備」 千人隊長はユダヤ人の執拗さと暴力性をよく知っていたので、遅れてはならないと判断した。彼はユダヤ人が気付かないようにパウロを護送することにした。護衛兵として「歩兵二百名…

聖書黙想 フィレモンへの手紙23~25節

聖書黙想 フィレモンへの手紙23~25節(新共同訳 新約p.400)「挨拶を伝えるパウロの同労者達」 主のために働く人にとって、同労者は大きな力と助けと慰めとなる。パウロはフィレモンに同労者達からの挨拶を伝える(23~24節)。彼らは、獄中のパウロを助け、福…

聖書黙想 コリントの信徒への手紙一7章25~35節

聖書黙想 コリントの信徒への手紙一7章25~35節(新共同訳 新約p.308)「危急の時と結婚について」 永遠の価値を知る人は、この世の価値観を絶対化せずに生きることが出来る。パウロは「今危機が迫っている状態にある」(26節)ことを踏まえて、結婚についての勧…