Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-08-25から1日間の記事一覧

Strohm, Johannes Calvin (菊池訳『カルヴァン』p.131)

Christoph Strohm, Johannes Calvin: Leben und Werk des Reformators, C. H. Beck Wissen in der Beck’schen Reihe; 2469, München: C. H. Beck, 2009(菊地 純子訳『カルヴァン――亡命者と生きた改革者』東京: 教文館, 2016年, p.131) 「カルヴァンは他の改…

Dawson, The Movement of World Revolution (深瀬訳『革命の世界史』pp.205-206)

Christopher Dawson, The Movement of World Revolution, New York: Sheed & Ward, 1959(深瀬 基寛訳『革命の世界史』グリーンベルト・シリーズ; 13, 東京: 筑摩書房, 1963年, pp.205-206) 「この接近はいくつかのことなる平面において行なうことができる。…

聖書黙想 ルカによる福音書12章31~34節

聖書黙想 ルカによる福音書12章31~34節(新共同訳 新約p.132)「ただ、神の国を求めなさい」 キリスト者は生活の中で神の国を実現していかなければならない。イエス・キリストが追い求められたのは常に神の国であった。イエス・キリストに従う者も神の国をま…

内村鑑三信仰著作全集 8, p.165

内村 鑑三「損失の利益(二)」山本泰次郎編『内村鑑三信仰著作全集』8, 東京: 教文館, 1964年, p.165 「一友人を失うは、さらに他に、より善き友人を得んがためなり。一事業に失敗するは、さらに他に、より貴き事業に成功せんがためなり。壊(く)ちるこの世の…

内村鑑三信仰著作全集 8, pp.133-134

内村 鑑三「最も偉大なる事」山本泰次郎編『内村鑑三信仰著作全集』8, 東京: 教文館, 1964年, pp.133-134 「最も偉大なる事は、人に勝つ事にあらず、人に負ける事なり。彼にわが場所を譲る事なり。その下に立つ事なり。喜んでその侮辱を受くる事なり。つばき…

Schaeffer, The God Who Is There, p.18 (多井訳『そこに存在する神』p.24)

Francis A. Schaeffer, The God Who Is There: Speaking Historic Christianity into the Twentieth Century, London: Hodder & Stoughton, 1968, p.18(多井 一雄訳『そこに存在する神――20世紀に問うキリスト教宣教』東京: いのちのことば社, 1971年, p.24) …

Schaeffer, The God Who Is There, p.139 (多井訳『そこに存在する神』p.225)

Francis A. Schaeffer, The God Who Is There: Speaking Historic Christianity into the Twentieth Century, London: Hodder & Stoughton, 1968, p.139(多井 一雄訳『そこに存在する神――20世紀に問うキリスト教宣教』東京: いのちのことば社, 1971年, p.225…

Schaeffer, The God Who Is There, p.139 (多井訳『そこに存在する神』p.225)

Francis A. Schaeffer, The God Who Is There: Speaking Historic Christianity into the Twentieth Century, London: Hodder & Stoughton, 1968, p.139(多井 一雄訳『そこに存在する神――20世紀に問うキリスト教宣教』東京: いのちのことば社, 1971年, p.225)…