Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-09-05から1日間の記事一覧

聖書黙想 詩編47編7~10節

聖書黙想 詩編47編7~10節(新共同訳 旧約p.881)「大いに崇められるべき全地の王」 聖徒の讃美の対象は、ただ主なる神だけである。「全地の王」である主なる神を「ほめ歌をうたって」讃美するためには、聖霊の助けが必要である。聖霊を通してのみ、主なる神が…

聖書黙想 歴代誌上16章14~22節

聖書黙想 歴代誌上16章14~22節(新共同訳 旧約pp.650-651)「とこしえに主の契約を心に留めよ」 主なる神は、御言葉によって全地を治められ、私達と結ばれた契約に忠実な方である。この方が「千代に及ぼすよう命じられた御言葉」を、私達は「とこしえに」「心…

聖書黙想 歴代誌上16章7~13節

聖書黙想 歴代誌上16章7~13節(新共同訳 旧約p.650)「諸国の民に御業を示せ」 主なる神は世の全ての民がご自分を知ることを願われる。それ故、主なる神を知る者は、この方を告げ知らせなければならない。主の箱を迎えた後、ダビデはまず「アサフとその兄弟た…