Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-10-05から1日間の記事一覧

住田『カルヴァン政治思想の形成と展開』p.96

住田 博子『カルヴァン政治思想の形成と展開――自由の共同体から抵抗権へ』東京: 新教出版社, 2018年, p.96 「個人ではなく、教会という共同体が救済されるための信仰生活の単位であるとするならば、そこからの排除は救済からの排除を意味することになる。『…

柏木『良き生と良き死』p.118

柏木 哲夫『良き生と良き死――ホスピス・ケア実践の経験から』東京: いのちのことば社, 1988年, p.118 死の牧会のあり方 「死の牧会というのは、“私たちが味わう死の苦悩というものはすべて、主イエス・キリストによって味わわれ、勝利されているという事実に…

藤田『カルト宗教事件の深層』p.6

藤田 庄市『カルト宗教事件の深層――「スピリチュアル・アビューズ」の論理』東京: 春秋社, 2017年, p.6 「宗教的なものにひかれる者は、なんらかの救済を求めている場合が多い。そこでは、神仏や霊などの超自然的存在に自分が影響を受けているという感覚、す…

Rousas John Rushdoony The Institutes of Biblical Law IX. 14

Rousas John Rushdoony The Institutes of Biblical Law IX. 14

Rousas John Rushdoony The Institutes of Biblical Law IX. 13

Rousas John Rushdoony The Institutes of Biblical Law IX. 13