Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-10-22から1日間の記事一覧

一色哲 南島キリスト教史入門 おわりに

一色哲 南島キリスト教史入門 おわりに【関心・疑問】 【論文名】おわりに 【著者名】一色 哲 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』シリーズ神学への船出; 04, 東…

一色哲 南島キリスト教史入門 第5章

一色哲 南島キリスト教史入門 第5章【関心・疑問】 【論文名】第5章 南島の軍事化と試練に直面するキリスト教会 【著者名】一色 哲 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と…

一色哲 南島キリスト教史入門 第4章

一色哲 南島キリスト教史入門 第4章【関心・疑問】 【論文名】第4章 南島発祥の「民衆キリスト教」の生成と定着 【著者名】一色 哲 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と…

一色哲 南島キリスト教史入門 第3章

一色哲 南島キリスト教史入門 第3章【関心・疑問】 【論文名】第3章 南島キリスト教の広がりと越境 【著者名】一色 哲 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』シリー…

一色『南島キリスト教史入門』p.70

一色 哲『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』シリーズ神学への船出; 04, 東京: 新教出版社, 2018年, p.70 〈引用〉第2章 深化と抵抗から見た「民衆キリスト教」の形成 第1節 読谷山教会形成とリバイバルの兆…

一色哲 南島キリスト教史入門 第1章

一色哲 南島キリスト教史入門 第1章【関心・疑問】 【論文名】第1章 南島へのキリスト教“再”伝道と地域社会 【著者名】一色 哲 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境…

一色哲 南島キリスト教史入門 序章

一色哲 南島キリスト教史入門 序章【関心・疑問】 【論文名】序章 南島キリスト教史の構造と概要 【著者名】一色 哲 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』シリーズ…

一色哲 南島キリスト教史入門 はじめに

一色哲 南島キリスト教史入門 はじめに【関心・疑問】 【論文名】はじめに 南島キリスト教の深さと広がり 【著者名】一色 哲 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』…

村田『宗教の発見』p.176

村田 充八『宗教の発見――日本社会のエートスとキリスト教』阪南大学叢書; 88, 京都: 晃洋書房, 2010年, p.176 〈引用〉 今日の若者に対し、最も大きな影響を与えていると考えられるものは、社会経済的なレベルにおけるエートスである。日本社会には、功利主…

村田充八 宗教の発見 第四章

村田充八 宗教の発見 第四章【関心・疑問】 【論文名】第四章 カルヴィニストの信仰と日本社会 【著者名】村田 充八 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『宗教の発見――日本社会のエートスとキリスト教』阪南大学叢書; 88, 京都: 晃洋書房, 2010年, pp…

村田『宗教の発見』p.74

村田 充八『宗教の発見――日本社会のエートスとキリスト教』阪南大学叢書; 88, 京都: 晃洋書房, 2010年, p.74 〈引用〉 春名は、キリスト教においては、「再生者」と「非再生者」の間には、イエス・キリストにおける贖いの業にあずかっているかどうか、すなわ…

村田充八 宗教の発見 第二章

村田充八 宗教の発見 第二章【関心・疑問】 【論文名】第二章 生駒の民間信仰と聖性 【著者名】村田 充八 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『宗教の発見――日本社会のエートスとキリスト教』阪南大学叢書; 88, 京都: 晃洋書房, 2010年, pp.23-63 【…

村田充八 宗教の発見 第一章

村田充八 宗教の発見 第一章【関心・疑問】 【論文名】第一章 宗教的人間と社会の分析視角 【著者名】村田 充八 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『宗教の発見――日本社会のエートスとキリスト教』阪南大学叢書; 88, 京都: 晃洋書房, 2010年, pp.1-2…

古屋安雄 神の国とキリスト教 第六章

古屋安雄 神の国とキリスト教 第六章【関心・疑問】 【論文名】第六章 神の国と教会の三類型 【著者名】古屋 安雄 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『神の国とキリスト教』東京: 教文館, 2007年, pp.209-252 【本文の構成】第一章 神の国とキリスト…

古屋安雄 神の国とキリスト教 第五章

古屋安雄 神の国とキリスト教 第五章【関心・疑問】 【論文名】第五章 神の国と教団の分裂 【著者名】古屋 安雄 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『神の国とキリスト教』東京: 教文館, 2007年, pp.185-207 【本文の構成】第一章 神の国とキリスト教…

古屋安雄 神の国とキリスト教 第四章

古屋安雄 神の国とキリスト教 第四章【関心・疑問】 【論文名】第四章 神の国と青年 【著者名】古屋 安雄 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『神の国とキリスト教』東京: 教文館, 2007年, pp.159-183 【本文の構成】第一章 神の国とキリスト教第二章…

古屋安雄 神の国とキリスト教 第三章

古屋安雄 神の国とキリスト教 第三章【関心・疑問】 【論文名】第三章 神の国と教会 【著者名】古屋 安雄 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『神の国とキリスト教』東京: 教文館, 2007年, pp.101-158 【本文の構成】第一章 神の国とキリスト教第二章…

古屋安雄 神の国とキリスト教 第二章

古屋安雄 神の国とキリスト教 第二章【関心・疑問】 【論文名】第二章 神の国と神学 【著者名】古屋 安雄 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『神の国とキリスト教』東京: 教文館, 2007年, pp.21-100 【本文の構成】第一章 神の国とキリスト教第二章 …

古屋安雄 神の国とキリスト教 第一章

古屋安雄 神の国とキリスト教 第一章【関心・疑問】 【論文名】第一章 神の国とキリスト教 【著者名】古屋 安雄 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『神の国とキリスト教』東京: 教文館, 2007年, pp.9-20 【本文の構成】第一章 神の国とキリスト教第…

Rousas John Rushdoony Systematic Theology IX. 2

Rousas John Rushdoony Systematic Theology IX. 2

Rousas John Rushdoony Systematic Theology IX. 1

Rousas John Rushdoony Systematic Theology IX. 1