Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-11-05から1日間の記事一覧

住田『カルヴァン政治思想の形成と展開』p.143

住田 博子『カルヴァン政治思想の形成と展開――自由の共同体から抵抗権へ』東京: 新教出版社, 2018年, p.143 本章の第1節で確認したところによれば、カルヴァン神学が考える神の民とは、神との間に契約を結んだ人間集団であった。しかし、「神の民」たる教会…

山中「カルヴァンの『キリスト教綱要』における神認識と自己認識について」『カルヴァンを継ぐもの』pp.108-109

山中 良知「カルヴァンの『キリスト教綱要』における神認識と自己認識について――有神的認識論序説」橋本 龍三, 春名 純人編『カルヴァンを継ぐもの』日本カルヴィニスト協会二十周年記念論文集; 1, 東京: すぐ書房, 1978年, pp.108-109 〈引用〉 さて、カル…

Wolters, Creation Regained (宮崎訳『キリスト者の世界観』p.131)

Albert M. Wolters, Creation Regained: Biblical Basics for a Reformational Worldview, Grand Rapids, Mich.: William B. Eerdmans Pub., 2005, 2nd ed.(宮崎 彌男訳『キリスト者の世界観――創造の回復』東京: 教文館, 2018年, 増補改訂版, p.131) 〈引用〉…

Wolters, Creation Regained (宮崎訳『キリスト者の世界観』pp.116-117)

Albert M. Wolters, Creation Regained: Biblical Basics for a Reformational Worldview, Grand Rapids, Mich.: William B. Eerdmans Pub., 2005, 2nd ed.(宮崎 彌男訳『キリスト者の世界観――創造の回復』東京: 教文館, 2018年, 増補改訂版, pp.116-117) 〈…

村田「技術社会とキリスト教(I)」『現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム』p.184

村田 充八「技術社会とキリスト教(I)――技術社会の位置付けをめぐって」森川 甫編『現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム』西宮: 関西学院大学共同研究「現代におけるカルヴァンとカルヴィニズム」(発売 東京: すぐ書房), 1987年, p.184 〈引用〉 前節にお…

Klooster, Calvin’s Doctrine of Predestination (金田訳『カルヴァンの予定論』pp.82-83)

Fred H. Klooster, Calvin’s Doctrine of Predestination, Grand Rapids, Michigan: Baker Book House, 1977, 2nd ed.(金田 幸男訳『カルヴァンの予定論』竹原: 聖恵授産所出版部, 1984年, pp.82-83) 〈引用〉 神の遺棄の聖定は、明白に、個人を対象とするが…

Klooster, Calvin’s Doctrine of Predestination (金田訳『カルヴァンの予定論』pp.78-79)

Fred H. Klooster, Calvin’s Doctrine of Predestination, Grand Rapids, Michigan: Baker Book House, 1977, 2nd ed.(金田 幸男訳『カルヴァンの予定論』竹原: 聖恵授産所出版部, 1984年, pp.78-79) 〈引用〉遺棄に関わる聖定 カルヴァンは、永遠の神の計画…

服部『ニネベか? タルシシュか?』p.14

服部 嘉明『ニネベか? タルシシュか?――「ヨナ書」の解答』〈GREEN BOOKS〉聖書の学びシリーズ: 2(ヨナ書), 小平: 暁書房, 1991年, p.14 〈引用〉 ヨナはそのような状況の中で、神さまからの呼びかけを受けたのです。私たちへの神さまの呼びかけも、各自が置…

石川「ルツ記一章」『イースター、ペンテコステ、クリスマス、ルツ記、ダニエル書、オバデヤ書、ヨナ書』p.119

石川 立「ルツ記一章」日本キリスト教団出版局編『イースター、ペンテコステ、クリスマス、ルツ記、ダニエル書、オバデヤ書、ヨナ書』アレテイア――釈義と黙想, 東京: 日本キリスト教団出版局, 2003年, p.119 〈引用〉 ルツ記の中のキーワードのひとつは、一…

Williamson, 1 and 2 Chronicles (杉本訳『歴代誌上・下』pp.60-61)

H. G. M. Williamson, 1 and 2 Chronicles: Based on the Revised Standard Version, New Century Bible Commentary, Grand Rapids, Mich.: W.B. Eerdmans, 1982(杉本 智俊訳『歴代誌上・下』ニューセンチュリー聖書注解, 東京: 日本キリスト教団出版局, 200…

ネービー『歴代志の研究』p.57

ロイド・ネービー著, 田坂里子訳『歴代志の研究』東京: 聖文舎, 1979年, p.57 〈引用〉 旧約聖書の強調するところは、神殿は神が「常駐する」所ではなく、そこにおいて人間と会うために現われる場所、人間がその神の前に「香を焚く」場所である。神の超越性…

手島『心を鍛える「聖書」』p.175

手島 佑郎『心を鍛える「聖書」――いま自分と社会を見つめなおす』東京: 日本マンパワー出版, 1992年, p.175 〈引用〉 地上で本当に神の権威に服して生きないで、死後にわかに天国の市民権を得るなどという身勝手なことは、聖書もイエスも保証していない。 イ…

手島『心を鍛える「聖書」』p.47

手島 佑郎『心を鍛える「聖書」――いま自分と社会を見つめなおす』東京: 日本マンパワー出版, 1992年, p.47 〈引用〉 ユダヤ人はいずれも個性が強く、各自がその考えを主張して譲らないものの、それほど分裂することもなく今日までよく民族としての主体性を守…