Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-11-06から1日間の記事一覧

Battles, Analysis of the Institutes of the Christian Religion of John Calvin (金田, 高崎 訳『「キリスト教綱要」を読む人のために』p.256)

Ford Lewis Battles (assisted by John Walchenbach), Analysis of the Institutes of the Christian Religion of John Calvin, Phillipsburg, N.J.: P & R Pub., 2001(金田 幸男, 高崎 毅志訳『「キリスト教綱要」を読む人のために――7行で読むカルヴァン』…

Battles, Analysis of the Institutes of the Christian Religion of John Calvin (金田, 高崎 訳『「キリスト教綱要」を読む人のために』p.93)

Ford Lewis Battles (assisted by John Walchenbach), Analysis of the Institutes of the Christian Religion of John Calvin, Phillipsburg, N.J.: P & R Pub., 2001(金田 幸男, 高崎 毅志訳『「キリスト教綱要」を読む人のために――7行で読むカルヴァン』…

Klooster, Calvin’s Doctrine of Predestination (金田訳『カルヴァンの予定論』pp.59-60)

Fred H. Klooster, Calvin’s Doctrine of Predestination, Grand Rapids, Michigan: Baker Book House, 1977, 2nd ed.(金田 幸男訳『カルヴァンの予定論』竹原: 聖恵授産所出版部, 1984年, pp.59-60) 〈引用〉 キリストをわれわれが選ばれていることの鏡とみ…

聖書黙想 歴代誌下9章1~12節

聖書黙想 歴代誌下9章1~12節(新共同訳 旧約pp.681-682)「シェバの女王の訪問」 神の愚かさは人の知恵よりも賢いものである(コリントの信徒への手紙一1章25節)。そのため、神がご自分の民に与えられた知恵の前で、世は驚嘆せざるを得ない。アラビア半島にあ…

聖書黙想 歴代誌下8章17~18節

聖書黙想 歴代誌下8章17~18節(新共同訳 旧約p.681)「海上貿易による経済的な繁栄」 全ての知恵と財の源泉は神である。ソロモンは、ティルスの王フラムと協力して活発に貿易活動をし、経済的な繁栄を遂げた。オフィルは、正確な位置は確定出来ないが、当時、…

Kushner, Overcoming Life’s Disappointments (松宮訳『モーセに学ぶ失意を克服する生き方』pp.184-185)

Harold S. Kushner, Overcoming Life’s Disappointments, New York: Knopf, 2006, 1st ed.(松宮 克昌訳『モーセに学ぶ失意を克服する生き方』大阪: 創元社, 2008年, pp.184-185) 〈引用〉 控えめな態度やまやかしの謙遜ではないことを言外に意味する「謙遜」…

一色『南島キリスト教史入門』p.64

一色 哲『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』シリーズ神学への船出; 04, 東京: 新教出版社, 2018年, p.64 〈引用〉 シュワルツのほか、戦前期には数名の宣教師が短期・長期に沖縄に滞在した。また、戦後の米…

一色『南島キリスト教史入門』p.57

一色 哲『南島キリスト教史入門――奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と福音主義信仰の交流と越境』シリーズ神学への船出; 04, 東京: 新教出版社, 2018年, p.57 〈引用〉 キリスト教の集会に人びとが集まり、そこで新しい信仰に触れ、一部が教会に連なったのは、…