Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-11-12から1日間の記事一覧

聖書黙想 歴代誌下12章13~16節

聖書黙想 歴代誌下12章13~16節(新共同訳 旧約p.686)「レハブアムに対する評価」 神が町を守るのでなければ、守る者の見張りも役に立たない(詩編127編1節)。レハブアムは、暫くの間は謙った態度を見せたが、神に人生の主権を渡さなかった。神殿があるエルサ…

聖書黙想 歴代誌下12章1~12節

聖書黙想 歴代誌下12章1~12節(新共同訳 旧約pp.685-686)「エジプトの侵略と謙ったレハブアム」 人は、お金と力さえあれば、神がいなくても十分だと考えてしまいがちである。レハブアムは、国力が強くなると、高慢になって「主の律法を捨て」去った。民も王…

軍関係者の生活, Twitter 2018年9月25日17時16分

〈引用〉軍関係者の生活(@JohnMD_OF5)「【利用されるカトリック】信徒や司祭(神父)は、基本的にお人好しで、疑わない。共産党の語る財政の裏付けなき実現不可能な福祉を愛徳と思い込む信徒も…今や日本の教会には、共産党の信徒が増加。なお教会は、共産主義…

chaste, Twitter 2018年11月10日1時09分

〈引用〉chaste(@chaste_japan)「相続税や贈与税とは祖先が納税した残りから、爪に灯をともす思いで続く世代の為に行った蓄財資産に、更に課税をするという悪質な『二重課税』である。固定資産税も同様に私有財産に対する二重課税である。私有財産から強制没…

CBJapan, Twitter 2018年11月10日0時37分

〈引用〉CBJapan(@CBJapan1)「神の意思に沿って良きことをすること、これが重要である。自分なりに良きことをする、じゃ全然ダメである。自分なりに、だと独善になる。そして共産主義者になる。https://twitter.com/cbjapan1/status/1061174924167983104」20…

CBJapan, Twitter 2018年11月10日0時33分

〈引用〉CBJapan(@CBJapan1)「人生の目的は、モテる(being popular)ことではなく、神の意思に沿って良きことをすること(doing good deeds, following God’s will)である。モテるとかなんだとか、そんなことを言っている人間が程度が低いのは万国共通である。…

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 13

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 13

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 12

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 12

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 11

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 11

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 10

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 10

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 9

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 9

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 8

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 8

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 7

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 7

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 6

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 6

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 5

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 5

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 4

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 4

聖書講話 テモテへの手紙一3章15~17節

聖書講話 テモテへの手紙一3章15~17節(新共同訳 新約p.394)「主は聖書を通して語られる」 今日は聖書が私達の信仰生活においていかに重要であるかについて話したい。聖書には①私達にイエス・キリストへの信仰を与え、救いへと導いて下さる、②私達を信仰者と…

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 2

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 2

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 1

Rousas John Rushdoony Systematic Theology II. 1