Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-11-26から1日間の記事一覧

Christian News Watch (Japan), Twitter 2018年11月17日17時13分

〈引用〉Christian News Watch (Japan)(@christian_japan)「http://www.kirishin.com/2018/11/16/20644/ ペンテコステ派牧師さんが元オウム幹部とプラットフォームを共にして、『幸せに生きられるならキリスト教でなくともいい』とか、なんか色々な先生がい…

Christian News Watch (Japan), Twitter 2018年11月20日4時35分

〈引用〉Christian News Watch (Japan)(@christian_japan)「イギリスの教会で公然とアザーンが唱えられたり、スペインの教会がヒンドゥーの神像の行列を受け入れたり、日本の教会で仏教グッズの販売が行われたり。教会をキリストおひとりのために『聖別』す…

Christian News Watch (Japan), Twitter 2018年11月21日5時51分

〈引用〉Christian News Watch (Japan)(@christian_japan)「僕にとっての謎は、某キリスト教メディアみたく『キリスト教でなくともいいのでは』とか言ってみたり、教会で他宗教の物販したりしながら、何で『日本は宣教が進まない、どないしょ』てな話になる…

聖書黙想 申命記32章7~14節

聖書黙想 申命記32章7~14節(新共同訳 旧約pp.332-333)「守られる神」 神はご自分の嗣業であるイスラエルを瞳のように守られる。モーセは、民に、過去の歴史を覚えるように命じつつ、彼らの父や長老に問うように命じた。先祖達が神の御業を直接目撃して経験…

聖書黙想 申命記31章30節~32章6節

聖書黙想 申命記31章30節~32章6節(新共同訳 旧約p.332)「真実の神」 モーセは民に歌を教えた。神の御教えが込められたこの歌は、天から下る雨や露のように、命と希望を与える。モーセが歌を教える理由は、民が御言葉を忘れないようにするためである。主はイ…

聖書黙想 歴代誌下20章20~30節

聖書黙想 歴代誌下20章20~30節(新共同訳 旧約p.696)「神が果たされた驚くべき救い」 私達の信仰は神の力と御言葉に対する反応に現れる。ヨシャファトは民に、神と預言者を信じるようにと励ました。また、民と相談して「主の聖なる輝きをたたえる者」を選び…

聖書黙想 歴代誌下20章14~19節

聖書黙想 歴代誌下20章14~19節(新共同訳 旧約pp.695-696)「ヤハジエルの宣告」 神は祈る者に大胆な心と信仰を与えて下さる。ヨシャファトが神に祈り終えると、神の霊がレビ人ヤハジエルに臨み、彼を通して御言葉を伝えられた。この戦いはイスラエルの戦いで…