Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

2018-12-10から1日間の記事一覧

聖書黙想 歴代誌下28章22~27節

聖書黙想 歴代誌下28章22~27節(新共同訳 旧約p.707)「アハズの不信仰と最期」 苦難は神に近づくことの出来るチャンスである。しかし、アハズは苦しみの時に神の前に祈りを積まず、罪だけを更に積んでいった。彼の悪行は、神殿の祭具を壊し、神殿の扉を閉じ…

聖書黙想 歴代誌下28章16~21節

聖書黙想 歴代誌下28章16~21節(新共同訳 旧約p.707)「アッシリアの王に助けを求めたアハズ」 困難に直面した時、正しくない方法で問題を解決しようとすると、更に大きな困難に陥りかねない。ユダの王アハズは、エドムとペリシテの攻撃によって危機を迎えた…

chaste, Twitter 2018年12月6日0時39分

〈引用〉chaste(@chaste_japan)「共産・社会・全体主義が危険なイデオロギーであり、専制的かつ暴力的であり、非人道的であるという真実に対して『思想の自由』なんて美辞麗句で容認し、これらの思想に対して無防備であるならば、必ずや自由が剥奪される時代…

chaste, Twitter 2018年12月6日0時43分

〈引用〉chaste(@chaste_japan)「何でもかんでも税金出して補助しろ! 救済しろ! と望む人が存外に多いのは我が国の持病である。社会主義や全体主義を願望しているからなのか? 政府が金を出して干渉するから失敗するという原則を理解できないからなのか? ただ…