Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

祈り エペソ人への手紙

祈り エペソ人への手紙6章10~17節

祈り エペソ人への手紙6章10~17節(新改訳 新約p.348) 主の良い兵士となるために、人や状況による訓練を謙遜に受け、霊肉ともに強められますように。神のすべての武具をしっかり身に着けているか日々点検し、霊的戦いで勝利することができますように。

祈り エペソ人への手紙6章1~9節

祈り エペソ人への手紙6章1~9節(新改訳 新約pp.347-348) 家庭や社会の秩序が崩れ、傷つき苦しんでいるこの時代、主がくださった原理に立ち返る恵みをお与えください。まず私が立ち上がって崩れた関係を立て直すとき、回復させてくださる主に期待します。

祈り エペソ人への手紙5章22~33節

祈り エペソ人への手紙5章22~33節(新改訳 新約p.347) 自分の目に映るままに夫や妻に接するのではなく、主に仕えるように仕えることができますように。夫婦関係においてもイエス・キリストに従う生き方が具体的に現れますように。

祈り エペソ人への手紙5章15~21節

祈り エペソ人への手紙5章15~21節(新改訳 新約p.347) めまぐるしい日常の中で、主の御心をキャッチする霊的な敏感さを与えてください。中毒になりやすいものをすべて捨て、ただ御霊に満たされ、私の人生に賛美と感謝と奉仕が日々増し加えられますように。

祈り エペソ人への手紙5章1~14節

祈り エペソ人への手紙5章1~14節(新改訳 新約pp.346-347) 主が世に来られて暗やみを照らされたのは、暗やみの中にいる私たちを光に導かれるためであることを告白します。世に希望を与える光の子として歩めますように。

祈り エペソ人への手紙4章25~32節

祈り エペソ人への手紙4章25~32節(新改訳 新約p.346) 偽りや怒りが心の奥底に付け入るとき、主の前にひれ伏すことができますように。主の御名を汚すことが多い弱い私を聖霊様が導いてくださり、主を信じる者として徳を養う姿へと変えてくださいますように。

祈り エペソ人への手紙4章7~16節

祈り エペソ人への手紙4章7~16節(新改訳 新約p.345) 私に任された務めを大切に思い、しっかりと行うことができますように。愛の労苦によって主のからだを完全なものとし、キリストの身のたけにまで至らせてください。

祈り エペソ人への手紙4章1~6節

祈り エペソ人への手紙4章1~6節(新改訳 新約pp.344-345) 私は主の聖なる召しに恥ずかしくない生き方をしているでしょうか。いまだに人に対して高慢で忍耐できない私をあわれんでください。共同体の中で聖霊の一致を熱心に保てるよう導いてください。

祈り エペソ人への手紙3章14~21節

祈り エペソ人への手紙3章14~21節(新改訳 新約p.344) パウロの願いが私の人生にも豊かに答えられますように。私自身も主の愛で深く満たされ、家族や隣人、教会のためにひざまずいて祈りたいと願います。ただ主だけに栄光をささげる一日となりますように。

祈り エペソ人への手紙3章1~13節

祈り エペソ人への手紙3章1~13節(新改訳 新約pp.343-344) 神がくださった賜物について考えてみます。小さなことでも神がくださった働きになることを悟り、謙遜に仕える神の働き人とならせてください。

祈り エペソ人への手紙2章11~22節

祈り エペソ人への手紙2章11~22節(新改訳 新約pp.342-343) 私たちはキリストの御体の一部であることを告白します。主が壊された壁を再び築く者になるのではなく、いつでも主の平和をつくる者とさせてください。

祈り エペソ人への手紙2章1~10節

祈り エペソ人への手紙2章1~10節(新改訳 新約p.342) 罪によって死んでいた私が主の愛と救いの恵みよって生かされました。その恵みに感謝し、残りの人生を神が願われる良い行いにささげることができますように。

祈り エペソ人への手紙1章15~23節

祈り エペソ人への手紙1章15~23節(新改訳 新約pp.341-342) 主よ、私に知恵と啓示の霊を注ぎ、神をさらに知ることができるようにしてください。私の仕える教会がキリストによって満たされるように絶えず祈ることができますように。

祈り エペソ人への手紙1章1~14節

祈り エペソ人への手紙1章1~14節(新改訳 新約p.341) 私の人生に救い主である主への感謝と喜びの賛美があふれ流れますように。主のくださった恵みとまことの平安を人々に伝える一日となりますように。