Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

祈り ヤコブの手紙

祈り ヤコブの手紙5章13~20節

祈り ヤコブの手紙5章13~20節(新共同訳 新約p.427) 私と共同体に苦難の夜が訪れる時、祈りの場に呼ばれる主の御声を聞くことが出来ますように。私の口が主の御言葉に従って祈りで満たされ、癒しと赦しと悔い改めの御業を経験出来ますように。

祈り ヤコブの手紙5章1~12節

祈り ヤコブの手紙5章1~12節(新共同訳 新約p.426) 主が私に下さったお金は、私の人生を豊かにするためではなく、隣人の必要を満たしてあげるためのものだということを忘れませんように。今日も主の慈しみを私の歩みの中で現せますように。

祈り ヤコブの手紙4章11~17節

祈り ヤコブの手紙4章11~17節(新共同訳 新約pp.425-426) 人を非難して裁くことは、神様の律法に背き、神様を蔑むことだと気付きました。愛の心で歩まれた主の御心に従い、いつかなくなる霧のような私の人生が、主に永遠に覚えられますように。

祈り ヤコブの手紙3章1~12節

祈り ヤコブの手紙3章1~12節(新共同訳 新約p.424) 主の言葉が私の口の見張りとなり、聖霊が私の舌の主人となって下さい。私の口が主の御心のままに用いられ、言葉で失敗を犯さない完全な人となり、主に喜ばれる良い実を結べますように。

祈り ヤコブの手紙2章14~26節

祈り ヤコブの手紙2章14~26節(新共同訳 新約pp.423-424) 福音の生命力が力強く伝わっていないのは、私と共同体に行いがないからかも知れません。知識を頭に蓄えるだけの信仰を捨て、行いで示す生きた信仰を持つことが出来ますように。

祈り ヤコブの手紙2章1~13節

祈り ヤコブの手紙2章1~13節(新共同訳 新約pp.422-423) 世の基準や外見により、人に偏見を持っていたことを悔い改めます。裁きの権限は神様だけにあることを認め、私の考えを主に従わせ、御言葉の力に拠り頼んで愛の律法を行えますように。

祈り ヤコブの手紙1章1~11節

祈り ヤコブの手紙1章1~11節(新共同訳 新約p.421) 試練は私を完全な者にするための主の御心であると知りました。苦難や誘惑が動揺させようとしても、神様の愛を疑わず、咎めることなく豊かに与えて下さる神様の助けにより、忍耐出来ますように。