Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

祈り ヨハネの福音書

祈り ヨハネの福音書21章15~25節

祈り ヨハネの福音書21章15~25節(新改訳 新約pp.206-207) ヨハネの福音書の偉大なメッセージを通して主を深く知ることができ、感謝します。みことばに従い、信仰をもって大きな恵みの世界へと進むことができますように。

祈り ヨハネの福音書21章1~14節

祈り ヨハネの福音書21章1~14節(新改訳 新約pp.205-206) 網をおろすように命じられた主よ、主が命じられるままに従いたいと願います。主の愛を受けてまことの弟子として生きたいと願います。

祈り ヨハネの福音書20章24~31節

祈り ヨハネの福音書20章24~31節(新改訳 新約p.205) 疑うトマスの心をとらえたのはイエス・キリストの十字架の傷跡でした。私の生活の中にも、十字架によるイエス・キリストの手とわき腹の傷跡が現れますように。

祈り ヨハネの福音書20章11~23節

祈り ヨハネの福音書20章11~23節(新改訳 新約pp.204-205) よみがえりであり、いのちである主に栄光と賛美をささげます。イエス・キリストの平安が心に溢れ、聖霊によって新しくされ、険しい世の中でも信仰を守ることができますように。

祈り ヨハネの福音書20章1~10節

祈り ヨハネの福音書20章1~10節(新改訳 新約pp.203-204) 絶望の中にある者たちに新しい希望となられた主を仰ぎ見ます。私の人生に期待し、貧しい心で御前に立ちます。復活の主に出会う恵みが与えられますように。

祈り ヨハネの福音書19章31~42節

祈り ヨハネの福音書19章31~42節(新改訳 新約pp.202-203) イエス・キリストが十字架で成し遂げられた御心を覚え、主が示されたいのちの道を私も歩ませてください。十字架で示された神の恵みと栄光がこの世を照らしますように。

祈り ヨハネの福音書19章25~30節

祈り ヨハネの福音書19章25~30節(新改訳 新約p.202) 十字架の苦しみを耐え、命を捨ててまで私たちを愛してくださった主に感謝します。主にならって、与えられた使命を全うし、永遠のいのちの喜びが溢れますように。

祈り ヨハネの福音書19章17~24節

祈り ヨハネの福音書19章17~24節(新改訳 新約p.202) イエス・キリストの十字架の前でへりくだります。私のすべては主の摂理の中にあります。イエス・キリストのように忍耐と希望を失わず、主のみことばを成し遂げることができますように。

祈り ヨハネの福音書19章1~16節

祈り ヨハネの福音書19章1~16節(新改訳 新約pp.201-202) イエス・キリストを十字架につけろと叫んだ群衆の中にいる自分の姿を悔い改めます。苦難とあざけりの中でも使命を全うされたイエス・キリストを覚え、十字架の前に謙遜に歩めますように。

祈り ヨハネの福音書18章28~40節

祈り ヨハネの福音書18章28~40節(新改訳 新約pp.200-201) 真理であるイエス・キリストに従い、歩んで行きます。真理を知らない者たちにイエス・キリストを伝え、信じない者たちのためにとりなす者となれますように。

祈り ヨハネの福音書18章15~27節

祈り ヨハネの福音書18章15~27節(新改訳 新約pp.199-200) 主よ、弱く足りない私をあわれんでくださり、真理に向かう堅い信仰を与えてください。この世の誘惑の前に揺り動かされないイエス・キリストの兵士として歩ませてください。

祈り ヨハネの福音書18章1~14節

祈り ヨハネの福音書18章1~14節(新改訳 新約pp.198-199) 祈りによって苦難と逆境に勝利された主を賛美します。死の前でも神を信頼し、従われたイエス・キリストのように、祈りによってこの世の試練に勝利する人生を歩めますように。

祈り ヨハネの福音書17章20~26節

祈り ヨハネの福音書17章20~26節(新改訳 新約p.198) まことの救い主であるイエス・キリストが、十字架の苦しみを前にしても、信じる者たちのために祈られた恵みを覚えます。その神の愛にとどまる者となれますように。

祈り ヨハネの福音書17章9~19節

祈り ヨハネの福音書17章9~19節(新改訳 新約pp.197-198) 私を愛し、とりなし、祈られるイエス・キリストを覚えます。この世の悪に染まらず、聖くなることを願われる主の御心をなすために、力を尽くして祈り、みことばに従えますように。

祈り ヨハネの福音書17章1~8節

祈り ヨハネの福音書17章1~8節(新改訳 新約p.197) みことばによってイエス・キリストの祈りを聞かせてくださり感謝します。イエス・キリストの祈りにならい、すべてのことにおいて、神の栄光のために歩む神の子とならせてください。

祈り ヨハネの福音書16章25~33節

祈り ヨハネの福音書16章25~33節(新改訳 新約pp.196-197) 私を救ってくださった「イエス・キリストの御名によって」祈ります。神が与えようとされるものを求め、受け、味わい、苦難の時が来てもみことばによって勝利できますように。

祈り ヨハネの福音書16章16~24節

祈り ヨハネの福音書16章16~24節(新改訳 新約pp.195-196) 日常のつらい時間に圧迫され、心配することが多くあります。私の感情によって神の御心を判断するのでなく、みことばを心に刻み、主がくださる喜びを味わえますように。

祈り ヨハネの福音書16章5~15節

祈り ヨハネの福音書16章5~15節(新改訳 新約p.195) いつもそばで私を助けてくださる聖霊に従う一日となりますように。イエス・キリストを通して私の罪を示し、真理の中に導き、悪に対抗する力と勇気を与えてください。

祈り ヨハネの福音書15章18節~16章4節

祈り ヨハネの福音書15章18節~16章4節(新改訳 新約pp.194-195) 世に属する人々に認められるよりも、主に属し、主の栄光のために生きたいと願います。世から憎まれても揺るがず、最後まで主に従うことができますように。

祈り ヨハネの福音書15章1~17節

祈り ヨハネの福音書15章1~17節(新改訳 新約pp.193-194) イエス・キリストはぶどうの木で、私は主につながっている枝であることを告白します。私が健康な枝となるための栄養を与えてくださり、人生に豊かな実を結ばせてください。

祈り ヨハネの福音書14章25~31節

祈り ヨハネの福音書14章25~31節(新改訳 新約pp.192-193) きょうも聖霊の臨在を経験できますように。みことば通りに歩み、主に信頼するとき、まことの平安で私の心を満たしてください。

祈り ヨハネの福音書14章15~24節

祈り ヨハネの福音書14章15~24節(新改訳 新約p.192) 主を愛するがゆえに、主がくださる戒めに従うことは大きな喜びです。いつも私とともにおられる聖霊と交わり、主の御心に完全に従う一日となりますように。

祈り ヨハネの福音書14章1~14節

祈り ヨハネの福音書14章1~14節(新改訳 新約pp.191-192) イエス・キリストだけが道であり、真理であり、いのちです。状況を見て落ち込むのでなく、主に信頼し、主からの使命を忠実に担うことができるように導いてください。

祈り ヨハネの福音書13章31~38節

祈り ヨハネの福音書13章31~38節(新改訳 新約pp.190-191) イエス・キリストは「互いに愛し合いなさい」という戒めをくださり、主の弟子であることを表すように言われました。愛に飢え渇くこの世に、主の愛で仕える者となれますように。

祈り ヨハネの福音書13章21~30節

祈り ヨハネの福音書13章21~30節(新改訳 新約p.190) 他の弟子たちは知りませんでしたが、ユダはイエス・キリストのことばの意味をすでに知っていました。主が語られるとき、それを悟る機会を逃すことがないように助けてください。

祈り ヨハネの福音書13章12~20節

祈り ヨハネの福音書13章12~20節(新改訳 新約pp.189-190) 「このわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです」と言われた主に従い、善を行って生きることができますように。

祈り ヨハネの福音書13章1~11節

祈り ヨハネの福音書13章1~11節(新改訳 新約p.189) イエス・キリストが弟子たちの足を洗われたとき、私の足をも洗われ、手ぬぐいで弟子たちの足を拭いてくださったとき、私の足をも拭いてくださったことを覚えさせてください。

祈り ヨハネの福音書12章37~50節

祈り ヨハネの福音書12章37~50節(新改訳 新約p.188) イエス・キリストはご自分がこの世の光であると言われました。イエス・キリストとともに歩むことによって人生のすべての瞬間に、暗やみではなく光を選びながら生きられますように。

祈り ヨハネの福音書12章20~36節

祈り ヨハネの福音書12章20~36節(新改訳 新約pp.187-188) 無条件の愛のゆえにいのちを捨て、永遠のいのちをくださった主は一粒の麦でした。主の生き方にならって、この地で一粒の麦として死に、実を結ぶことができますように。

祈り ヨハネの福音書12章12~19節

祈り ヨハネの福音書12章12~19節(新改訳 新約pp.186-187) パリサイ人たちの「世はあげてあの人のあとについて行ってしまった」ということばが成就したことを告白します。ロバに乗って来られた主を世の人々が知りますように。