Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙一

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙一6章11~21節

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙一6章11~21節(新共同訳 新約pp.389-390) (1) 信仰の戦いを戦い抜く(11~16節) パウロはテモテを「神の人」(11節)と呼び、彼が「信仰の戦いを立派に戦い抜き、永遠の命を手に入れ」(12節)ることを願った。その戦いは、具体的…

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙一5章1~16節

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙一5章1~16節(新共同訳 新約p.388)

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙一5章17~25節

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙一5章17~25節(新共同訳 新約pp.388-389) (1) 長老に関する教え(17~22節) 長老はキリストの体である教会を建て上げるという重要な務めを主なる神から委ねられていた。それ故、パウロはテモテに「よく指導している長老たち、…