読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二2章1節

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二2章1節(新共同訳 新約p.392) 一昨日、教会の午後のミーティングが終わった後、TOHOシネマズ天神に『沈黙――サイレンス』を見に行った。感想を一言で言えば、私自身のこれまでのクリスチャンとしての歩みの数々を思い起こさ…

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二3章10~17節

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二3章10~17節(新共同訳 新約p.394) 今月の21日から『沈黙――サイレンス』という映画が上映される。この映画は遠藤周作の同名の小説を原作としている。高校時代、私は、『沈黙』をはじめ、遠藤周作の作品から多大な影響を受け…

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二4章1~8節

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二4章1~8節(新共同訳 新約pp.394-395) (1) 御言葉を宣べ伝えなさい(1~2節) パウロは、主なる神の御前で、また「生きている者と死んだ者を裁くために来られるキリスト・イエスの御前で」(1節)、テモテに「折が良くても悪く…

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二2章1~13節

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二2章1~13節(新共同訳 新約p.392) (1) キリスト・イエスにおける恵みによって強くなる 「あなたはキリスト・イエスにおける恵みによって強くなりなさい」(1節)とパウロは言う。パウロは、「律法は聖なるものであり、掟も聖…

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二1章9~18節

聖書の黙想と適用 テモテへの手紙二1章9~18節(新共同訳 新約pp.391-392) (1) 委ねられているものを守る(9~14節) パウロはテモテに宛てた手紙で福音の核心を確認している。主なる神は「聖なる招きによって」私達を「呼び出してくださった」。救いは「わたし…