Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 ヨナ書

聖書の黙想と適用 ヨナ書4章1~11節

聖書の黙想と適用 ヨナ書4章1~11節(新共同訳 旧約pp.1447-1448) (1) ヨナの不平不満(1~2節) 主なる神がニネベの人々に「宣告した災いをくだすのをやめられた」(3章10節)ことは、ヨナにとって「大いに不満」(1節)であった。彼は心の中にある怒りを主なる神…

聖書の黙想と適用 ヨナ書3章1~10節

聖書の黙想と適用 ヨナ書3章1~10節(新共同訳 旧約p.1447) (1) ヨナに再び臨む主の言葉(1~2節) 「さあ、大いなる都ニネベに行って、わたしがお前に語る言葉を告げよ」(2節)という主なる神の言葉がヨナに臨んだ(1節)。この言葉は「さあ、大いなる都ニネベに…

聖書の黙想と適用 ヨナ書2章2~11節

聖書の黙想と適用 ヨナ書2章2~11節(新共同訳 旧約p.1446) (1) ヨナの祈り(2~10節) ヨナは「魚の腹の中から自分の神、主に祈りをささげ」(2節)た。生きるか死ぬかの瀬戸際で、彼は主なる神に切に叫び求めた。 ヨナは「わたしは思った/あなたの御前から追放…

聖書の黙想と適用 ヨナ書1章11節~2章1節

聖書の黙想と適用 ヨナ書1章11節~2章1節(新共同訳 旧約pp.1445-1446) (1) 私を海に放り込むがよい(11~12節) 信仰生活において自分の願いと主なる神の願いが異なる時、私達は葛藤する。イエス・キリストもオリーブ山で「父よ、御心なら、この杯をわたしから…

聖書の黙想と適用 ヨナ書1章1~10節

聖書の黙想と適用 ヨナ書1章1~10節(新共同訳 旧約p.1445) (1) ヨナに臨む主なる神の言葉(1~2節) ヨナ書は主なる神の憐れみ深さについて語っている。主なる神は「悪人にも善人に太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる」(マタイに…