読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章27~40節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章27~40節(新共同訳 新約p.150) (1) 復活を否定するサドカイ派(27~36節) サドカイ派はユダヤ教の中で最も権力と富を有する勢力であった。また、合理主義的な考え方を持ち、「復活があることを否定」(27節)した。「次の…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章19~26節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章19~26節(新共同訳 新約pp.149-150) (1) 宗教指導者の陰謀(19~22節) 律法学者や祭司長は、イエス・キリストに「手を下そうとした」けれども、「民衆を恐れ」てイエス・キリストを捕えることが出来なかった(19節)。そ…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章9~18節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章9~18節(新共同訳 新約p.149) (1) 主人が遣わした僕や息子を拒む農夫(9~15節) このたとえにおいて、「ある人」は主なる神、「ぶどう園」は神の国、そこで働く「農夫たち」は、主なる神に敵対するイスラエルである(9節…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章1~8節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章1~8節(新共同訳 新約p.148) (1) イエス・キリストの権威に挑戦する宗教指導者(1~2節) イエス・キリストが神殿の境内で福音を告げ知らせておられると、ユダヤの最高法院の一員である「祭司長や律法学者たち」や「長老…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章41~48節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章41~48節(新共同訳 新約p.148) (1) エルサレムのために涙を流すイエス・キリスト(41~44節) イエス・キリストは、エルサレムを御覧になり、「もしこの日に、お前も平和への道をわきまえていたなら……」(42節)と言われ、…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章28~40節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章28~40節(新共同訳 新約pp.147-148) (1) 子ろばに乗られた柔和な王(28~35節) イエス・キリストはご自身の使命を完成されるために揺れ動くことなく進まれた。イエス・キリストは2人の弟子を使いに出し(29節)、「だれも…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章11~27節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章11~27節(新共同訳 新約pp.146-147) (1) 良い僕(11~19節) イエス・キリストは、「ムナ」のたとえにおいて、ご自分を「王の位を受けて帰るために出発し、遠い国へ旅立」った「立派な家柄の人」に喩えられた(12節)。ま…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章1~10節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章1~10節(新共同訳 新約p.146) (1) 罪深い男ザアカイ(1~6節) ザアカイはローマ帝国のために税金を取り立てていた。当時徴税人は、ローマ帝国から課せられた税金に上乗せして不正に徴収し、私腹を肥やすということを行…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書17章1~10節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書17章1~10節(新共同訳 新約p.142) (1) 兄弟に対する戒めと赦し(1~4節) イエス・キリストは、兄弟に「つまずき」――相手を罪に陥れること、イエス・キリストを否認させること、信仰をなくすような言葉を口にすることなど――…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書11章14~28節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書11章14~28節(新共同訳 新約pp.128-129) (1) イエス・キリストは誰の力で悪霊を追い出していたのか イエス・キリストの宣教は、悪魔及びその手下である悪霊との戦いの連続であった。イエス・キリストは、荒れ野で悪魔から…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書10章25~37節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書10章25~37節(新共同訳 新約pp.126-127) (1) 《私にとっての隣人》を問う律法の専門家 「善いサマリア人」のたとえは、イエス・キリストの代表的なたとえ話として教会やキリスト教学校などでよく取り上げられる。私自身、…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書10章17~24節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書10章17~24節(新共同訳 新約p.126) (1) 悪霊をも服従させるイエス・キリストの御名 イエス・キリストは、72人の弟子を何も持たない状態で派遣された(4節)。そして、彼らを迎えてくれる家に対し、「この家に平和があるよう…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書10章1~16節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書10章1~16節(新共同訳 新約p.125) (1) 謙遜を学ぶ訓練 数年前、海外での研修のため、タイのバンコクに1か月滞在したことがあった。私はタイ語が全く話せず、現地の方と片言の英語でやり取りをするしかなかった。しかも、屋…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書9章46~62節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書9章46~62節(新共同訳 新約pp.124-125) (1) 子供を自分の傍に立たせるイエス・キリスト 子供は決して純粋無垢な存在ではない。子供のいる親、或いは教会などで小さな子供と関わったことのある人は、子供がいかに自分のこと…

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書4章31~44節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書4章31~44節(新共同訳 新約pp.108-109) (1) 神の国をこの地に実現するイエス・キリスト イエス・キリストは、故郷のナザレを去ってカファルナウムを訪れ、安息日に会堂で教えられた(31節)。イエス・キリストの言葉には権威…