Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 イザヤ書

聖書研究 イザヤ書54章7~10節

聖書研究 イザヤ書54章7~10節(新共同訳 旧約p.1151) 【概要】 主は、夫に捨てられた女のようなイスラエルに向かって、彼らの子孫が諸国の民の土地を継ぎ、荒れ果てた町々を再び人の住む所にすると仰せられた。主は激しく怒って彼らを僅かの間捨てたが、とこ…

聖書研究 イザヤ書66章18~24節

聖書研究 イザヤ書66章18~24節(新共同訳 旧約p.1171)

聖書研究 イザヤ書66章7~17節

聖書研究 イザヤ書66章7~17節(新共同訳 旧約pp.1170-1171) (1) エルサレムと共に喜び祝え(7~14節) ご自分の民の救いに対する主なる神の情熱は驚くべきものである。主なる神は定められた時が来ると、約束されたイスラエルの回復を速やかに成し遂げられる。…

聖書研究 イザヤ書66章1~6節

聖書研究 イザヤ書66章1~6節(新共同訳 旧約pp.1169-1170) (1) 主なる神の目に悪とされることを行う者(1~4節) 天を「王座」とし、地を「足台」とし、その全てを創造された主なる神に足りないものなどない(1節)。主なる神が心から願っておられることは、私達…

聖書研究 イザヤ書65章1~12節

聖書研究 イザヤ書65章1~12節(新共同訳 旧約pp.1167-1168)

聖書研究 イザヤ書63章19節~64章11節

聖書研究 イザヤ書63章19節~64章11節(新共同訳 旧約pp.1166-1167)

聖書研究 イザヤ書62章10節~63章6節

聖書研究 イザヤ書62章10節~63章6節(新共同訳 旧約p.1164) (1) 主が告げ知らされる救い(62章10~12節) 預言者は、まるで今エルサレムの回復が成就したかのように、「城門を通れ、通れ、民の道を開け」(10節)と宣言する。 イスラエルはその罪の故に主なる神…

聖書研究 イザヤ書62章1~9節

聖書研究 イザヤ書62章1~9節(新共同訳 旧約pp.1163-1164) (1) 決して黙さない主なる神(1~5節) 主なる神は、エルサレムの「正しさが光と輝き出で」、エルサレムの「救いが松明のように燃え上がる」ようになることを約束された(1節)。 主なる神が約束された…

聖書研究 イザヤ書60章10~22節

聖書研究 イザヤ書60章10~22節(新共同訳 旧約pp.1160-1161) (1) 主の都の回復(10~14節) エルサレムの城壁と神殿の回復についての描写は(10節、13節)、ゼルバベルとネヘミヤを通して神殿と城壁が再建されることを暗示している(エズラ記3章8節、ネヘミヤ記6…

聖書研究 イザヤ書60章1~9節

聖書研究 イザヤ書60章1~9節(新共同訳 旧約pp.1159-1160) (1) 主なる神の臨在と回復(1~3節) エルサレムの回復が象徴的に描かれている。エルサレムは一時期暗闇の中にあった。しかし、主なる神が臨在されると、「主の栄光」がエルサレムに満ちるようになる(…

聖書研究 イザヤ書58章13節~59章8節

聖書研究 イザヤ書58章13節~59章8節(新共同訳 旧約pp.1157-1158) (1) 安息日――喜びの日、尊ぶべき日(58章13~14節) 安息日を「喜びの日」「尊ぶべき日」として考え、自分の「したい事をするのをやめ」ることは(13節)、「主を喜びとする」(14節)しるしと見な…

聖書研究 イザヤ書58章1~12節

聖書研究 イザヤ書58章1~12節(新共同訳 旧約pp.1156-1157) (1) 偽善的な敬虔(1~5節) イスラエルの民は、断食などの苦行をしているのに、何故主なる神は自分達を顧みて下さらないのかと不平を言った(3節)。 それに対し、主なる神はイスラエルの民の問題をは…

聖書研究 イザヤ書57章11~21節

聖書研究 イザヤ書57章11~21節(新共同訳 旧約pp.1155-1156) (1) 風に吹き飛ばされる偶像(11~13節) 主なる神は、イスラエルの民が悪を行う姿を見て、警告し続けた。しかし、彼らは罪によって無感覚になり、主なる神の言葉を「心に留めず/心にかけることも…

聖書研究 イザヤ書57章1~10節

聖書研究 イザヤ書57章1~10節(新共同訳 旧約pp.1154-1155) (1) 主なる神に従う人がいなくなる社会(1~2節) 主なる神に背く社会では、「神に従」う人々、「神の慈しみに生きる人々」が虐待と苦難に遭う(1節)。本文はユダの王マナセが主なる神に従う人を迫害…

聖書研究 イザヤ書56章1~12節

聖書研究 イザヤ書56章1~12節(新共同訳 旧約pp.1153-1154) (1) 異邦人の救い(1~8節) イスラエルの民がバビロンからエルサレムに帰還した後、主なる神の救いの計画は新しい局面を迎える。主なる神は「安息日を守り、それを汚すことのない人/悪事に手をつけ…

聖書研究 イザヤ書55章1~13節

聖書研究 イザヤ書55章1~13節(新共同訳 旧約pp.1152-1153) (1) 主なる神の招き(1~5節) 主なる神は「来るがよい」とイスラエルを繰り返し招かれる。ここではバビロンによる彼らの苦しみが激しい渇きと飢えに喩えられている(1節)。主なる神は飢え渇きの中に…

聖書研究 イザヤ書54章9~17節

聖書研究 イザヤ書54章9~17節(新共同訳 旧約pp.1151-1152) (1) 揺らぐことがない平和の契約(9~10節) 主なる神とイスラエルの関係が敵対の状態から平和の状態に変わる。そして、主なる神は契約という形でそのことを保証し、イスラエルの民に確信を与えよう…

聖書研究 イザヤ書54章1~6節

聖書研究 イザヤ書54章1~6節(新共同訳 旧約pp.1150-1151) 【概要】 主は、夫に捨てられた女のようなイスラエルに向かって、彼らの子孫が諸国の民の土地を継ぎ、荒れ果てた町々を再び人の住む所にすると仰せられた。主は激しく怒って彼らを僅かの間捨てたが…

聖書研究 イザヤ書53章7~12節

聖書研究 イザヤ書53章7~12節(新共同訳 旧約p.1150) (1) 屠り場に引かれる小羊のように(7~9節) 主の僕に対する「苦役」(7節)、捕縛、「裁き」、処刑(8節)、葬りの過程(9節)、人々の反応は(8節)、イエス・キリストが遭われた受難と完全に一致している。イエ…

聖書研究 イザヤ書53章1~6節

聖書研究 イザヤ書53章1~6節(新共同訳 旧約pp.1149-1150) (1) 私達の聞いたこと(1~3節) 預言者が伝えた主なる神の「御腕の力」(1節)は、人間の予想とは全く異なっていた。それは主の僕が受ける苦しみとして現れた。「見るべき面影はなく/輝かしい風格も、…

聖書研究 イザヤ書52章11~15節

聖書研究 イザヤ書52章11~15節(新共同訳 旧約p.1149) (1) 立ち去れ、そこを出よ(11~12節) 主なる神はバビロンを「汚れたもの」と見なされ、イスラエルにバビロンから「立ち去」り、エルサレムに戻るように命じられた(11節)。偶像礼拝による背きの生活から…

聖書研究 イザヤ書52章1~10節

聖書研究 イザヤ書52章1~10節(新共同訳 旧約pp.1148-1149) (1) 奮い立て、シオンよ(1~6節) エルサレム(シオン)は、衣を剥がされて恥を受け、立ち上がることが出来ない女性のようであった。また、悲しみのために座り込んで泣いている者、鎖に繋がれている奴…

聖書研究 イザヤ書51章12~23節

聖書研究 イザヤ書51章12~23節(新共同訳 旧約pp.1147-1148) (1) 何故、あなたは恐れるのか(12~16節) イスラエルはバビロンが自分達を滅ぼすだろうと考えていた。そのため彼らは恐れに絶えず囚われていた。 それに対し、主なる神は、イスラエルの恐れが不信…

聖書研究 イザヤ書51章1~11節

聖書研究 イザヤ書51章1~11節(新共同訳 旧約pp.1146-1147) (1) 希望の根拠(1~3節) 主なる神は「正しさを求める人/主を尋ね求める人」(1節)に希望を与えて下さる。彼らの置かれていた状況は「荒れ野」や「荒れ地」のように回復が不可能に見えた(3節)、。し…

聖書研究 イザヤ書50章1~11節

聖書研究 イザヤ書50章1~11節(新共同訳 旧約pp.1144-1145) (1) イスラエルの錯覚(1~3節) イスラエルは自分達がバビロンの捕囚になったのを主なる神のせいにして恨んでいた。夫が離婚を宣言し、妻を「追い出した」ように、また父親が借金のために子供を「債…

聖書研究 イザヤ書49章14~26節

聖書研究 イザヤ書49章14~26節(新共同訳 旧約pp.1143-1144) (1) 私はあなたを私の手のひらに刻み付ける(14~23節) バビロンに敗北したイスラエルが、夫を失い、子供まで奪われた女に喩えられている(15節)。そのような事態になったことについて、イスラエル…

聖書研究 イザヤ書49章1~13節

聖書研究 イザヤ書49章1~13節(新共同訳 旧約pp.1142-1143) (1) 主の僕の使命(1~7節) 主の僕は「母の胎にある」(1節)時から主なる神によって選ばれ、「主の御目」に「重んじられている」者である(5節)。彼は「鋭い剣」と「尖らせた矢」のように敵を倒して勝…

聖書研究 イザヤ書48章12~22節

聖書研究 イザヤ書48章12~22節(新共同訳 旧約pp.1141-1142) (1) ヤコブよ、私に耳を傾けよ(12~16節) 主なる神はイスラエルが「新しいこと」(42章9節)について注意深く聞くことを望まれた。主なる神がイスラエルに語ろうとされる内容がどれほど重要であるか…

聖書研究 イザヤ書48章1~11節

聖書研究 イザヤ書48章1~11節(新共同訳 旧約pp.1140-1141) (1) 頑ななイスラエル(1~5節) 「まこともなく、恵みの業をすることもない」(1節)イスラエルには、主なる神の救いを期待するだけの功労は何もなかった。彼らは血縁的に「イスラエルの名をもって呼…

聖書研究 イザヤ書47章8~15節

聖書研究 イザヤ書47章8~15節(新共同訳 旧約pp.1139-1140) (1) バビロンの高慢と破滅(8~11節) バビロンは安全と平安と繁栄と栄華を思う存分享受してきた。政治、軍事、外交、経済など、あらゆる面において何の危険も困難もなかった(8節)。そのため、敵を意…