Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 コリントの信徒への手紙一

聖書研究 コリントの信徒への手紙一16章13~24節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一16章13~24節(新共同訳 新約pp.323-324) [13節] 目を覚ましていなさい パウロは手紙を書き終える前に、コリントの教会の人々に「目を覚ましていなさい。信仰に基づいてしっかり立ちなさい。雄々しく強く生きなさい」と勧め…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一16章1~12節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一16章1~12節(新共同訳 新約p.323) [1節] 募金について パウロはここで主題を変えて、「聖なる者たちのための募金」に関する話を切り出す。この募金は困難の中にあるエルサレムの教会のためであった。パウロは「ガラテヤの…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章50~58節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章50~58節(新共同訳 新約pp.322-323) (1) 朽ちないものを着る(50~54節) キリスト者にとって死は「今とは異なる状態に変えられ」(51節)るための過程である。 キリスト者の体には驚くべき奥義がある。主なる神の「最後の…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章35~49節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章35~49節(新共同訳 新約pp.321-322) [35~38節] 死んで甦る パウロはこれまで死者が再び甦るという主張を、一貫性を持って論じてきた。それについてこの箇所では、①「死者はどんなふうに復活するのか」、②「どんな体で…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章29~34節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章29~34節(新共同訳 新約p.321) [32節後半~34節] 罪を犯してはならない 「もし、死者が復活しないとしたら」(32節)、刹那的で無節制な快楽主義に陥る人が出てくる。「食べたり飲んだりしようではないか。どうせ明日は…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章20~28節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章20~28節(新共同訳 新約p.321) (1) 眠りについた人達の初穂となられたイエス・キリスト(20~24節) イエス・キリストの復活は人類の歴史と直結している。主なる神が人間を創造された時、永遠の命を与えることを願われた…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章12~19節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章12~19節(新共同訳 新約pp.320-321) [13節~15節前半] キリストが復活しなかったのなら パウロは死者の復活を否定する人々に対して反論する(13節)。イエス・キリストが復活されたのは、復活があることの最たる証拠であ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章1~11節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一15章1~11節(新共同訳 新約p.320) [1~2節] パウロが告げ知らせた福音 コリントの教会の人々はパウロの宣べ伝えた「福音」(εὐαγγέλιον [euangelion])を「受け入れ、生活のよりどころにしている」(1節)とパウロは言う。これ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章26~40節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章26~40節(新共同訳 新約p.319) [26節] 徳を高めるために パウロは礼拝で賜物を用いることについて、全て教会の徳を高めるためにすべきであると語る。礼拝では「詩編の歌をうたい、教え、啓示を語り、異言を語り、それ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章13~25節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章13~25節(新共同訳 新約pp.318-319) [13節] 異言を解釈すること パウロは、「異言を語る者」に「それを解釈できる」ように祈ることを勧めた。異言を語る者も、それを聞く者も、その意味が分かるようになるためである。…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章1~12節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一14章1~12節(新共同訳 新約pp.317-318) [1節] 愛を追い求めなさい 13章で愛について、その前の12章で賜物について教えたことを踏まえて、パウロは、教会を建て上げるために、あらゆる「霊的な賜物」の中でも「特に預言する…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一13章1~13節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一13章1~13節(新共同訳 新約p.317) (1) 愛――イエス・キリストの生涯(1~7節) 御子イエス・キリストは、人間の目に見えず、耳で聞こえない主なる神を人間に見せ、聞かせるために、真の人間としてこの地に来られた。イエス・…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一10章14~22節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一10章14~22節(新共同訳 新約p.312) (1) 偶像礼拝を避けなさい(14~18節) キリスト者は、欲望が導く生き方から離れ、命を得なければならない。パウロは2度にわたって「避けなさい」と強く命じている。1度目は「みだらな行い…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一7章32~40節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一7章32~40節(新共同訳 新約pp.308-309)

聖書研究 コリントの信徒への手紙一7章17~31節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一7章17~31節(新共同訳 新約pp.307-308)

聖書研究 コリントの信徒への手紙一7章8~16節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一7章8~16節(新共同訳 新約p.307)

聖書研究 コリントの信徒への手紙一7章1~7節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一7章1~7節(新共同訳 新約pp.306-307)

聖書研究 コリントの信徒への手紙一4章1~8節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一4章1~8節(新共同訳 新約p.303) (1) イエス・キリストに仕える者として(1~5節) 教会が人間中心になると、互いに裁き合うようになる。そうなると、キリスト者同士で誤解が生じたり、傷つけ合ったりし易くなる。しかし、パ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一3章18~23節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一3章18~23節(新共同訳 新約pp.302-303) (1) 本当に知恵のある者となるために(18~20節) 教会は世俗的な基準が適用される場所ではない。コリントの教会における争いは、彼らが世俗的な価値観に陥っていることを示していた。…

聖書研究 コリントの信徒への手紙一3章10~17節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一3章10~17節(新共同訳 新約p.302)

聖書研究 コリントの信徒への手紙一3章1~9節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一3章1~9節(新共同訳 新約p.302)

聖書研究 コリントの信徒への手紙一1章10~17節

聖書研究 コリントの信徒への手紙一1章10~17節(新共同訳 新約pp.299-300)