Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 コリントの信徒への手紙二

聖書研究 コリントの信徒への手紙二6章3~10節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二6章3~10節(新共同訳 新約p.331) 【概要】 【歴史的背景】 【釈義】 【黙想】無一物のようで全てのものを所有している イエス・キリストの恵みを証しするという務めを任された者は、「あらゆる場合に神に仕える者としてそ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二6章1~2節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二6章1~2節(新共同訳 新約p.331) 【概要】 【歴史的背景】 【釈義】 【黙想】今こそ恵みの時、救いの日 イエス・キリストの来臨によって新しい契約が始まり、今私達は「恵みの時、救いの日」(2節)の只中にいる。にもかかわ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二6章1~10節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二6章1~10節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二13章1~13節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二13章1~13節(新共同訳 新約p.341) (1) イエス・キリストに結ばれた者として(1~5節) パウロは、罪を悔い改めない人々、パウロの使徒としての権威を疑う人々に厳しく警告する。しかし、「今度そちらに行ったら、容赦しませ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二12章11~21節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二12章11~21節(新共同訳 新約pp.340-341) (1) 負担をかけない愛(11~13節) やむを得ず誇りになることを羅列して少し恥ずかしくなったのか、パウロはコリントの教会の人々に「あなたがたが無理にそうさせたのです」(11節)と…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二12章1~10節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二12章1~10節(新共同訳 新約pp.339-340) (1) 弱さを誇る(1~7節) パウロには肉的に誇れるものが多くあっただけでなく、霊的にも誇ることの出来る経験を数多くしていた。彼は自分の経験をまるで他人事のように3人称で伝えて…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二11章16~33節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二11章16~33節(新共同訳 新約pp.338-339) (1) 柔和と謙遜(16~21節) パウロは、敵対者が「肉に従って誇っている」(18節)ように、「愚か者になったつもりで」(21節)「少し誇」(16節)ってみせた。しかし、彼が精一杯誇ったこ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二11章1~15節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二11章1~15節(新共同訳 新約pp.337-338) (1) 真の使徒と偽の使徒(1~6節) コリントのキリスト者に対して「神が抱いておられる熱い思い」(2節)を、パウロも抱いていた。それは彼らを「純潔な処女」(2節)として、花婿であるイ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二10章12~18節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二10章12~18節(新共同訳 新約pp.336-337) (1) 限度を越えて誇らない(12~14節) キリスト者は自分ではなく福音を誇るべきである。パウロの敵対者は、自分自身を基準にして、上辺に見える肉的な条件によって自分を推薦したり…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二10章1~11節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二10章1~11節(新共同訳 新約p.336) (1) 主なる神に由来する力をもって戦う(1~6節) パウロの敵対者は彼に対して「手紙は重々しく力強いが、実際に会ってみると弱々しい人で、話もつまらない」(10節)と非難した。しかし、パ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二8章16~24節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二8章16~24節(新共同訳 新約pp.334-335) (1) 主の前でも人の前でも(16~21節) キリスト者の働きは「主の前だけでなく、人の前でも」(21節)誠実でなければならない。主なる神は私達の心を御覧になるため、全てにおいて動機が…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二8章1~15節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二8章1~15節(新共同訳 新約pp.333-334) (1) 進んでささげる献金(1~7節) 献金は自発的な感謝と献身の表現である。ここでパウロが述べている献金は、十分の一や感謝献金ではなく、「聖なる者を助けるための慈善の業と奉仕」(…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二7章8~16節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二7章8~16節(新共同訳 新約p.333) (1) パウロの直言(8~12節) 誰かを前にして耳の痛い忠告を語ることは簡単ではない。その関係に利害が関係しているなら尚更である。しかし、相手の悔い改めを心から願う時(9節)、関係の一時…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二7章2~7節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二7章2~7節(新共同訳 新約pp.332-333) (1) パウロの心の中にいるコリントの教会の人々(2~4節) 私達の生活は、単純な出会いから心と心を分かち合う深い出会いまで、多くの関係から成り立っている。この時、互いに対する動機…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二6章11節~7章1節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二6章11節~7章1節(新共同訳 新約pp.331-332) (1) 心を広く(11~13節) 心に余裕がなければ、私達は自分の問題に捕われ、自分の状況を見ることも他の人を受け入れることも出来なくなる。そのため、「自分で心を狭く」(12節)し…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二5章11~21節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二5章11~21節(新共同訳 新約pp.330-331) (1) イエス・キリストのために生きる(11~15節) 「主に対する畏れを知っている」(11節)者は、「神のため」に、また隣人のために生きる(13節)。この世の人々は「外面を誇」(12節)るた…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二5章1~10節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二5章1~10節(新共同訳 新約p.330) (1) 天にある永遠の住みか(1~5節) パウロは、私達の「自然の命の体」(コリントの信徒への手紙一15章44節)を、「地上の住みかである幕屋」(1節)に喩えている。それは一時的で、いずれ滅び…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二4章13~18節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二4章13~18節(新共同訳 新約pp.329-330) (1) 私達を復活させて下さる主なる神(13~15節) キリスト教信仰の核心はイエス・キリストの十字架の死と復活である。私達は主なる神の恵みの故にイエス・キリストを信じることによっ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二4章1~12節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二4章1~12節(新共同訳 新約p.329) (1) 神の栄光を悟る光(1~6節) 主なる神の「憐れみを受け」(1節)、「人を義とする務め」(3章9節)を委ねられた人間が取るべき基本的な態度がある。恵みの福音を任された者として、主なる神…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二3章12~18節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二3章12~18節(新共同訳 新約p.328) (1) 取り除かれるべき覆い(12~16節) 「古い契約」における儀式などは、やがて来られるイエス・キリストに対する預言であり、影であり、予型である(14節)。イエス・キリストがこの世に来…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二3章1~11節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二3章1~11節(新共同訳 新約pp.327-328) (1) 使徒であることの証拠(1~3節) パウロが使徒であることを疑い、批判する者がコリントの教会にいた。彼らは推薦状のないパウロに対して偽の使徒であると攻撃した。パウロは彼らに…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二2章12~17節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二2章12~17節(新共同訳 新約p.327) (1) マケドニア州に向かうパウロ(12~13節) パウロが「キリストの福音を伝えるためにトロアスに行」くと、主なる神はパウロのために伝道の機会を許された(12節)。また、この時パウロはテ…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二1章23節~2章11節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二1章23節~2章11節(新共同訳 新約pp.326-327) (1) あなたがたへの思いやりから(1章23~24節) 私達は皆不完全な人間である。それ故、キリスト者であっても、立てた計画したことを変更することがあり、それによって誤解を受け…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二1章12~22節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二1章12~22節(新共同訳 新約pp.325-326) (1) 人間の知恵によってではなく(12~14節) コリントの教会は多くの問題を抱える未熟な共同体であった。しかし、使徒パウロは「人間の知恵によってではなく、神から受けた純真と誠実…

聖書研究 コリントの信徒への手紙二1章1~11節

聖書研究 コリントの信徒への手紙二1章1~11節(新共同訳 新約p.325) (1) 挨拶(1~5節) 私達が今日直面する苦難はイエス・キリストが既に味わわれたものである(5節)。そして、「わたしたちの主イエス・キリストの父である神、慈愛に満ちた父、慰めを豊かにく…