読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 テモテへの手紙二

聖書研究 テモテへの手紙二4章9~22節

聖書研究 テモテへの手紙二4章9~22節(新共同訳 新約p.395) (1) 個人的な指示(9~18節) パウロは「ぜひ、急いでわたしのところへ来てください」(9節)とテモテに願った。当時、冬の航海は非常に危険を伴った(使徒言行録27章9~44節)。そのため、自分の弟子で…

聖書研究 テモテへの手紙二3章10~17節

聖書研究 テモテへの手紙二3章10~17節(新共同訳 新約p.394) (1) 迫害と苦難に耐える(10~13節) テモテは、パウロの「教え、行動、意図、信仰、寛容、愛、忍耐」(10節)に倣い、「迫害と苦難」(11節)に耐えてきた。パウロはテモテに「キリスト・イエスに結ば…

聖書研究 テモテへの手紙二2章14~26節

聖書研究 テモテへの手紙二2章14~26節(新共同訳 新約p.393) (1) 真理の言葉を正しく伝える(14~19節) パウロは、テモテが「適格者として認められて神の前に立つ者、恥じることのない働き手、真理の言葉を正しく伝える者となる」(15節)ことを願った。「正し…

聖書研究 テモテへの手紙二2章1~13節

聖書研究 テモテへの手紙二2章1~13節(新共同訳 新約p.392) (1) キリスト・イエスの兵士として(1~8節) パウロは、テモテを「わたしの子」(1節)と呼び、彼が与えられた務めを忠実に果たせるよう、「キリスト・イエスにおける恵みによって強くなりなさい」(1…

聖書研究 テモテへの手紙二1章1~8節

聖書研究 テモテへの手紙二1章1~8節(新共同訳 新約p.391) (1) 継承されていく信仰(1~5節) パウロは、イエス・キリストを証しして、牢に入れられた(8節)。当時のローマ帝国においてイエス・キリストの福音を宣べ伝えることは、多くの苦難と迫害、更には殉教…