Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 ナホム書

聖書研究 ナホム書3章8~19節

聖書研究 ナホム書3章8~19節(新共同訳 旧約pp.1462-1463) (1) ニネベの無力(8~13節) アッシリアは、一時期、近東を支配した強大国である。また、その都ニネベは、外敵の侵略を防ぐために要塞化されていた。ニネベの民も、他の国々の民も、エネベが滅びると…

聖書研究 ナホム書3章1~7節

聖書研究 ナホム書3章1~7節(新共同訳 旧約pp.1461-1462) (1) 災いだ、流血の町は(1~4節) ナホムはアッシリアの都ニネベの罪を指摘し、主なる神の裁きの必然性を示した。 アッシリアは強大な軍事力をもって絶え間なく戦争をし続けた。彼らは、繁栄と保護を…

聖書研究 ナホム書2章9~14節

聖書研究 ナホム書2章9~14節(新共同訳 旧約pp.1460-1461) (1) 誰も振り返らない(9~13節) ニネベは近東地域の覇権を握るアッシリアの首都として栄華を誇った。ナホムはそのようなニネベを「水を集める池」(9節)と呼んでいる。 しかし、今や状況は完全に変わ…

聖書研究 ナホム書2章2~8節

聖書研究 ナホム書2章2~8節(新共同訳 旧約p.1460)

聖書研究 ナホム書1章9節~2章1節

聖書研究 ナホム書1章9節~2章1節(新共同訳 旧約pp.1459-1460)

聖書研究 ナホム書1章1~8節

聖書研究 ナホム書1章1~8節(新共同訳 旧約p.1459)