Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二9章6~9節

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二9章6~9節(新共同訳 新約p.335)「強制されてではなく、喜んで与えなさい」 「惜しんでわずかしか種を蒔かない者は、刈り入れもわずかで、惜しまず豊かに蒔く人は、刈り入れも豊か」であるという法則は、献金においては、単…

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二9章10~15節

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二9章10~15節(新共同訳 新約pp.335-336)「施しの祝福」 献金は「神に対する感謝の念」と聖徒間の愛を深める。主なる神は「種を蒔く人に種を与え、パンを糧としてお与えになる方」である。主なる神の恵みを受けて、聖徒は「…

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二9章1~5節

聖書黙想 コリントの信徒への手紙二9章1~5節(新共同訳 新約p.335)「献金の準備」 「聖なる者たちへの奉仕」は、互いに刺激し合う時、更にやる気が出てくる。パウロは、コリントの聖徒達には「聖なる者たちを助けるための慈善の業と奉仕」に対する「マケドニ…