Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ヘブライ人への手紙

聖書黙想 ヘブライ人への手紙6章9~12節

聖書黙想 ヘブライ人への手紙6章9~12節(新共同訳 新約p.407)「最後まで希望を持ち続けるために」 「もっと良いこと」とは、まさに「救いにかかわること」である。私達が願うことの出来る最も良いものは、世の富や権力のようなものではなく、主なる神の救い…

聖書黙想 ヘブライ人への手紙6章1~8節

聖書黙想 ヘブライ人への手紙6章1~8節(新共同訳 新約pp.406-407)「成熟を目指して」 信仰が成熟していないキリスト者は、「固い食物の代わりに、乳を必要とする」「幼子」と同じである。当時のキリスト者には苦難と迫害が押し寄せていた。信仰が弱い人々は…