Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ヘブル人への手紙

聖書黙想 ヘブル人への手紙13章7~9節

聖書黙想 ヘブル人への手紙13章7~9節(新改訳 新約p.406)「恵みによって強められる心」 福音は真理に至る唯一で絶対的な道です。イエス・キリストを信じるなら救われ、信じないならさばきに至ります。イエス・キリストの十字架と復活はきのうもきょうも同じ…

聖書黙想 ヘブル人への手紙13章4~6節

聖書黙想 ヘブル人への手紙13章4~6節(新改訳 新約p.406)「満足する態度」 真の自由は責任ある行動を伴います。神の境界線を侵せば、それにふさわしい代価を払わなければなりません。結婚した人は結婚が壊れないように努力し、不品行や姦淫を行ってはなりま…

聖書黙想 ヘブル人への手紙13章1~3節

聖書黙想 ヘブル人への手紙13章1~3節(新改訳 新約p.406)「行動する愛」 真の信仰は、考え方やことばだけでなく、関心と愛により表されるものです。いくら良い意図や動機があっても、実際に助けないなら不要物にすぎません。恵みを体験した人は、兄弟や旅人…