Five Solas

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ユダの手紙

聖書黙想 ユダの手紙17~25節

聖書黙想 ユダの手紙17~25節(新共同訳 新約p.451)「聖霊の導きの下に祈る」 悪い勢力が「あざけ」り、蔑んだとしても、信仰に堅く立っている人は揺るがない。偽教師は、「不信心な欲望のままにふるま」い、肉に属している。彼らは聖霊を「持たない」ので、…

聖書黙想 ユダの手紙14~16節

聖書黙想 ユダの手紙14~16節

聖書黙想 ユダの手紙11~13節

聖書黙想 ユダの手紙11~13節

聖書黙想 ユダの手紙5~10節

聖書黙想 ユダの手紙5~10節(新共同訳 新約p.450)「裁きに到る事例」 故意に神の言葉に従わないなら、裁きを受ける。主が「エジプトの地から救い出」されたイスラエルの民は、頑なさと不従順の故にカナンの地に入れず、荒れ野で死んだ。「ソドムやゴモラ、ま…

聖書黙想 ユダの手紙3~4節

聖書黙想 ユダの手紙3~4節(新共同訳 新約p.450)「信仰のために戦う」 生き方は多様でも、救いの御名と方法は一つである。人間は「唯一の支配者であり、わたしたちの主であるイエス・キリスト」の贖いを通してのみ罪が赦され、永遠の命を得る。つまり、「一…

聖書黙想 ユダの手紙1~2節

聖書黙想 ユダの手紙1~2節(新共同訳 新約p.450)「召された僕」 自分がどのような者であるかを正確に知るなら、弟子の道を実践することが出来る。イエス・キリストの実の弟「ユダ」は、「イエス・キリストの僕」というアイデンティティを堅く持っていたので…