Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 ルカの福音書

聖書黙想 ルカの福音書2章34~38節

聖書黙想 ルカの福音書2章34~38節(新改訳 新約p.101)「シメオンの預言とアンナの感謝」 イエス・キリストは光と命として来られました。ところが、イエス・キリストの故に、多くの人は倒れ、また立ち上がり、剣が心を刺し貫くように苦しむ人もいます。一方、…

聖書黙想 ルカの福音書10章38~42節

聖書黙想 ルカの福音書10章38~42節(新改訳 新約p.123)「良い方を選んだのです」 御言葉の前に貧しい心で立つことよりも、優先するべきことはありません。マルタは客をもてなすために忙しくし、マリヤは主人であるイエス・キリストの足もとに座って御言葉を…

聖書黙想 ルカの福音書10章25~37節

聖書黙想 ルカの福音書10章25~37節(新改訳 新約pp.122-123)「誰が隣人になりましたか」 愛は、条件も資格も問わず、助けを必要とする人に喜んで与えます。或る律法の専門家がイエス・キリストを試すために、何をすれば永遠の命を得ることが出来るかと尋ねま…

聖書黙想 ルカの福音書2章21~24節

聖書黙想 ルカの福音書2章21~24節(新改訳 新約p.100)「律法を完成するために来られたイエス・キリスト」 イエス・キリストは律法を完成される方です。マリヤとヨセフは、幼子イエス・キリストを連れてエルサレムへ行き、律法の通りに犠牲の生贄を献げます。…

聖書黙想 ルカの福音書2章15~20節

聖書黙想 ルカの福音書2章15~20節(新改訳 新約p.100)「神の言葉に従った羊飼い達」 使命は従順によって成し遂げられます。神はまず貧しく力のない人々のところに行かれます。この世では価値ある情報であればあるほど、地位の高い人や強い権力を持つ人々に先…

聖書黙想 ルカの福音書2章25~33節

聖書黙想 ルカの福音書2章25~33節(新改訳 新約pp.100-101)「シメオンの歌」 神は使命を委ねられた者の人生を最後まで導いて下さいます。シメオンは正しく敬虔で、イスラエルの慰めを待っていた人です。ここでイスラエルの慰めとは、メシヤを通して果たされ…