Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 雅歌

聖書黙想 雅歌1章7~8節

聖書黙想 雅歌1章7~8節(新共同訳 旧約p.1049)「足跡を辿って」 愛されているという確信は自信となる。花嫁は花婿に、「真昼には」どこで羊の「群れを憩わせる」のか教えて欲しいと尋ねた(7節)。そこで二人だけの時間を過ごすためである。もし教えてくれない…

聖書黙想 雅歌1章1~6節

聖書黙想 雅歌1章1~6節(新共同訳 旧約p.1049)「最も美しい愛の歌」 雅歌は、花婿(ソロモン)と花嫁(シュラムのおとめ)の愛を通して、主なる神とイスラエル、イエス・キリストとキリスト者(教会)の愛を表している。イスラエルでは、名は単なる呼称ではなく、…