Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

読書記録 E

遠藤「礼拝におけるいけにえと祭司の役割」『礼拝の聖書的な理解を求めて』p.81

遠藤 嘉信「礼拝におけるいけにえと祭司の役割――レビ記から」聖書神学舎教師会編『礼拝の聖書的な理解を求めて』東京: いのちのことば社, 2002年, p.81 〈引用〉 つまり、自分で考えた方法ではなく、神の定めた唯一の方法によって、かろうじて礼拝者は神に近…

遠藤「礼拝におけるいけにえと祭司の役割」『礼拝の聖書的な理解を求めて』p.74

遠藤 嘉信「礼拝におけるいけにえと祭司の役割――レビ記から」聖書神学舎教師会編『礼拝の聖書的な理解を求めて』東京: いのちのことば社, 2002年, p.74 〈引用〉 しかし、こうした牧会を古典的なものとみなし、今や「罪からの救い」から「地境を広げること」…

遠藤『みことばを生きる』pp.110-111

遠藤 勝信『みことばを生きる――聖書的霊性の理解』東京: いのちのことば社, 2012年, pp.110-111 〈引用〉 近代以降の神学は、教会の支配、既成の教理、聖書の権威からの自由を主張するあまり、聖書そのものが期待する読みの姿勢をも見落としてきた面がありま…

遠藤「礼拝におけるいけにえと祭司の役割」『礼拝の聖書的な理解を求めて』p.81

遠藤 嘉信「礼拝におけるいけにえと祭司の役割――レビ記から」聖書神学舎教師会編『礼拝の聖書的な理解を求めて』東京: いのちのことば社, 2002年, p.81 〈引用〉 つまり、自分で考えた方法ではなく、神の定めた唯一の方法によって、かろうじて礼拝者は神に近…

遠藤「礼拝におけるいけにえと祭司の役割」『礼拝の聖書的な理解を求めて』p.81

遠藤 嘉信「礼拝におけるいけにえと祭司の役割――レビ記から」聖書神学舎教師会編『礼拝の聖書的な理解を求めて』東京: いのちのことば社, 2002年, p.81 〈引用〉 つまり、自分で考えた方法ではなく、神の定めた唯一の方法によって、かろうじて礼拝者は神に近…

遠藤『みことばを生きる』pp.110-111

遠藤 勝信『みことばを生きる――聖書的霊性の理解』東京: いのちのことば社, 2012年, pp.110-111 〈引用〉 近代以降の神学は、教会の支配、既成の教理、聖書の権威からの自由を主張するあまり、聖書そのものが期待する読みの姿勢をも見落としてきた面がありま…

ロバート・D. エルドリッヂ だれが沖縄を殺すのか 第2章

ロバート・D. エルドリッヂ だれが沖縄を殺すのか 第2章【関心・疑問】 【論文名】第2章 「真実」を報道せず「感情論」を煽り立てる――沖縄とメディア 【著者名】ロバート・D. エルドリッヂ 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】『だれが沖縄を殺すのか―…

エルドリッヂ『だれが沖縄を殺すのか』p.52

ロバート・D. エルドリッヂ『だれが沖縄を殺すのか――県民こそが“かわいそう”な奇妙な構造』PHP新書; 1042, 東京: PHP研究所, 2016年, p.52 〈構成〉第一章 沖縄人民の民族自決?――沖縄独立論という虚妄第二章 「真実」を報道せず「感情論」を煽り立てる――沖縄…

エルドリッヂ「二つのオキナワ」『沖縄の危機!』pp.128-129

ロバート・D・エルドリッヂ「二つのオキナワ――報道される沖縄と報道されない沖縄の本当の姿」兼次 映利加編『沖縄の危機!――「平和」が引き起こす暴力の現場』東京: 青林堂, 2017年, pp.128-129 〈構成〉1章 私の高江体験記2章 「オール沖縄」と闘う離島の島…

エルドリッヂ『オキナワ論』pp.69-70

ロバート・D・エルドリッヂ『オキナワ論――在沖縄海兵隊元幹部の告白』新潮新書; 651, 東京: 新潮社, 2016年, pp.69-70 〈構成〉「沖縄問題」という病――序に代えて第一章 国立大学から海兵隊へ第二章 米軍基地再編の失敗と政権交代第三章 トモダチ作戦と防災…

EJPD, Zivilverteidigung (原書房編集部訳『民間防衛』p.228)

Eidg. Justiz- und Polizeidepartement im Auftrag des Bundesrates, Zivilverteidigung, Aarau: Miles, 1969(原書房編集部訳『民間防衛――あらゆる危険から身をまもる』東京: 原書房, 1995年, 新装版, p.228) 「国を内部から崩壊させるための活動は、スパイ…

EJPD, Zivilverteidigung (原書房編集部訳『民間防衛』p.16)

Eidg. Justiz- und Polizeidepartement im Auftrag des Bundesrates, Zivilverteidigung, Aarau: Miles, 1969(原書房編集部訳『民間防衛――あらゆる危険から身をまもる』東京: 原書房, 1995年, 新装版, p.16) 「この注意深く見守ることによって、制度の改革が…

Eusebius, Historia Ecclesiastica, 8. 9. 4-5 (秦訳『教会史』3, p.98)

Eusebius, Historia Ecclesiastica, 8. 9. 4-5(秦剛平訳『教会史』3, 東京: 山本書店, 1988年, p.98) 「わたしたち自身もこれらの場所に居合わせて、[わずか]一日のうちに、大ぜいの人がまとめて[処刑されるの]を目撃した。ある者は首を刎ねられ、ある者は火…

Millard J. Erickson Christian Theology Chapter 2

Millard J. Erickson Christian Theology Chapter 2【関心・疑問】 【論文名】第2章 神学と哲学 【著者名】Millard J. Erickson (安黒 務訳) 【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】Christian Theology, Grand Rapids, Mich.: Baker Book House, 1983, 19…