読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 ルカによる福音書1章26~38節

聖書研究 ルカによる福音書1章26~38節(新共同訳 新約p.100)

(1) イエス・キリストの誕生の告知(26~33節)

 エリサベトが身ごもって「六か月目」に、主なる神は、天使ガブリエルを「ナザレというガリラヤの町」に遣わした(26節)。ガブリエルがナザレの町に行ったのは、「ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめ」(27節)マリアと会うためであった。ギリシア語の原文を見ると、マリアが「おとめ」(παρθένος [parthenos])であることが27節の前半と後半に繰り返し記され、強調されている。また、「ダビデ家のヨセフ」という言葉は、イエス・キリストがヨセフの法的な子として生まれることにより、ダビデの子孫として認められ、ダビデの王位を継ぐことを示唆している。
 ガブリエルはマリアに「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる」(28節)と挨拶した。マリアは天使の言葉に戸惑い、「いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ」(29節)。天使はマリアに「恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた」(30節)と言った。そして、「身ごもって男の子を産む」こと、「その子をイエスと名付け」ることを告げた(31節)。ガブリエルは、マリアが産む男の子について「偉大な人になり、いと高き方の子と言われる」(32節)と伝えた。
 イエス・キリストは主なる神が約束されたメシア(救い主)として世に来られた。バプテスマのヨハネも「主の御前に偉大な人になり」(14節)と言われていたが、イエス・キリストは「いと高き方の子」として比べることの出来ない位置におられる。また、「神である主」はイエス・キリストに「父ダビデの王座」をお与えになる(32節)。これは主なる神がダビデと結ばれた契約に基づいている(サムエル記下7章13節、詩編2編8節)。イスラエル王国はその罪の故に滅亡したが、イエス・キリストは「永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない」(33節)。

(2) お言葉どおり、この身に成りますように(34~38節)

 マリアは最初ガブリエルの言葉を素直に受け入れることが出来なかった。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに」(34節)と彼女は言った。
 それに対し、ガブリエルは「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む」(35節)と答えた。そして「生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる」(35節)と述べ、イエス・キリストの神性と無罪性を示唆した。また、ガブリエルは、マリアの妊娠に対する確かな証拠として、「年をとって」おり、「不妊の女と言われていた」エリサベトが、妊娠して「もう六か月になっている」ことを知らせた(36節)。これらを受けて、ガブリエルは「神にできないことは何一つない」(37節)と言った。「神にできないことは何一つない」と訳されているギリシア語の原文(ὅτι οὐκ ἀδυνατήσει παρὰ τοῦ Θεοῦ πᾶν ῥῆμα [hoti ouk adynatēsei para tou Theou pan rhēma])は、直訳すると「というのは、不可能ではないからだ、神には、全ての言葉が」となる。処女が身ごもるというかつて一度もなかったことも、主なる神にとっては不可能なことではないと天使は強調する。
 天使の言葉に対し、マリアは「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」(38節)と従順に応答した。勿論、結婚前の妊娠によってどのようなことが起こり得るか、マリアは知らないわけではなかった。聖霊によって身ごもったということを、ヨセフが理解してくれる保証はどこにもない。また、周囲の人々からは品行が悪い女性と見なされるかも知れない。それどころか、姦淫の罪に問われて殺されるかも知れない。マリア自身、天使の言葉を完全に納得出来たわけではなかっただろう。それでも、彼女は自分の判断よりも主なる神の言葉を優先した。主なる神の御心は自分自身を主なる神に献げる従順を通して成就される。