読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 ルカによる福音書5章27~39節

聖書研究 ルカによる福音書5章27~39節(新共同訳 新約p.111)

(1) レビを弟子にする(27~32節)

 当時徴税人はローマ帝国の手先となってユダヤ人の同胞から税金を取り立てていた。しかも、税金の徴収を名目として私腹を肥やした。そのため、彼らは神の国から除外された罪人として蔑まれていた。それだけにイエス・キリストが徴税人レビを招いたことは人々を驚かせた。しかし、「わたしに従いなさい」(27節)というイエス・キリストの命令に、レビはすぐに「何もかも捨てて立ち上がり」従った(28節)。
 レビはイエス・キリストのために盛大な宴会を催した(29節)。それは、イエス・キリストに感謝の気持ちを表すと共に、自分の仲間にイエス・キリストを紹介するものであった。イエス・キリストは、レビを弟子として受け入れるに留まらず、彼の家で大勢の徴税人と交わりを持たれた。この食事は、イエス・キリストが中風の人に対して行った罪の赦しの宣言にも増して、救いを可視的に示すものであった。
 しかし、ファリサイ派の人々や律法学者は、イエス・キリストが徴税人や罪人と一緒に飲み食いしていることを非難した(30節)。それに対し、イエス・キリストは、病人に医者が必要であるように(31節)、「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである」(32節)と語られた。全ての人間は罪という病に罹り、死に向かっている。主なる神の御前で義とされる者は一人もいない。その意味で全ての人間は徴税人であり、病人である。自分が罪人であり、自分の内には何の義も見出せないことを認め、謙った心で助けを求める者を、イエス・キリストは招いておられる。

(2) 新しいぶどう酒は新しい皮袋に(33~39節)

 バプテスマのヨハネの弟子達やファリサイ派の弟子達は、義のための行為として断食を行っていたが、イエス・キリストの弟子達は、断食をせず、飲んだり食べたりしていた。そのことを人々が問題視した(33節)。それに対し、イエス・キリストは彼らに、今は婚礼の時であり、断食をするのは不適切であると答えられた(34節)。「花婿」はイエス・キリストご自身で、「婚礼の客」は弟子達である。
 イエス・キリストの到来によってこの地に神の国が臨んだ。イエス・キリストを受け入れる人は、神の国に入れられ、恵みと祝福を受けることが出来る。これこそ神の国の祝宴である。イエス・キリストは、神の国の祝宴の主役であり、祝宴を催される方である。ファリサイ派の人々や律法学者は、メシアが既にこの世に来ていることに気付いていなかった。しかし、弟子達にも「断食することになる」時がやがて訪れる。それは「花婿が奪い去られる時」、即ちイエス・キリストの十字架の受難の時である(35節)。
 その上で、イエス・キリストは2つの短いたとえを挙げられた。第一に、新しい服から布きれを破り取って、古い服に継ぎをすることはない。そのようなことをすれば、どちらの服も駄目になってしまうからである(36節)。第二に、新しいぶどう酒を古い革袋に入れれば、袋が破れ、やはり新しいぶどう酒も革袋も駄目になってしまう(37節)。「新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れねばならない」(38節)とイエス・キリストは言われた。
 イエス・キリストの到来によって新しい時代が開かれた。イエス・キリストが罪の赦し、救いの恵み、神の国の祝宴へと招いておられるのに、それを喜んではならないというのは、古いぶどう酒に慣れ、新しいものを欲しがらず、「古いもののほうが良い」と言うようなものである(39節)。