読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

祈り ルカによる福音書9章10~27節

祈り ルカによる福音書

祈り ルカによる福音書9章10~27節(新共同訳 新約pp.121-122)

 天の父よ、あなたの御名を心からほめたたえます。あなたの御言葉を与えて下さり有り難うございます。
 主よ、あなたの御子イエス・キリストは、ご自身を求めてやって来た弱い者、癒しを必要としていた者、貧しい者、飢えていた者を見捨てず、見放さず、その一人一人のためにパンと魚をお与えになりました。私達もあなたの養いなしには生きていくことが出来ません。あなたの御言葉を聴かなくては心が渇きます。あなたの豊かな恵みを私達に注いで下さい。あなたにしか与えることの出来ない霊のパンを、霊の魚を私達にお与え下さい。また、私達が経済的に、物質的に乏しさの中にある時、あなたが私達の必要を満たすものをお与え下さいますようお願い致します。私達の希望はあなただけです。
 主よ、あなたは、私達に聖霊を注ぎ、イエス・キリストに対し「あなたはメシア、生ける神の子です」(マタイによる福音書16章16節)と告白する信仰を与えて下さいます。そして、その告白の上にあなたの教会を建て上げて下さいます。イエス・キリストは今日も私達に「あなたがたはわたしを何者だと言うのか」と尋ねられます。それに対し、私達が「神からのメシアです」と日々告白することが出来ますように。
 主よ、御子イエス・キリストは権威と力に満ちた方であられました。にもかかわらず、その権威と力を自分のために用いることはなく、御言葉と御業をもって多くの人を癒し、満たし、生かしました。人に仕えることによって神の国をもたらされました。そして、多くの苦しみを受け、排斥され、殺される十字架の道を歩まれました。イエス・キリストのような御方は他にはいません。イエス・キリストだけが王の王、主の主でいらっしゃいます。
 主よ、イエス・キリストは「わたしについて来たい者は、自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」と言われました。私達は自分の力でイエス・キリストに付いて行くことは出来ません。しかし、イエス・キリストご自身がまず十字架の道を歩まれ、十字架において私達の罪を全てその身に負って下さいました。そして、十字架で全ての罪を打ち破り、私達を救って下さいました。イエス・キリストが命を懸けて愛して下さったことによって、私達はあなたの義に生かされる者となりました。
 主よ、御子イエス・キリストは私達を招き、その御手を伸ばして、私達を引き寄せて下さいます。だから、私達はイエス・キリストに付いて行くことが出来ます。自分の力ではとても乗り越えることが出来ないと思うような困難を前にして、あなたが力強い御手をもって私達を握って下さること、私達と共に歩んで下さることを感謝致します。日々イエス・キリストを見上げつつ歩んでいく者とさせて下さい。
 主よ、あなたの溢れるご臨在、圧倒的な力を私達の内に満たして下さい。私達が罪から離れ、あなたの義に生きることが出来ますよう、私達を作り変えて下さい。十字架によって全ての罪を打ち破ったあなたのご栄光を心からほめたたえることが出来ますように。イエス・キリストとその御言葉を恥じることがありませんように。
 主イエス・キリストの御名によってお祈り致します。アーメン。