読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 マタイによる福音書26章36~46節

聖書の黙想と適用 マタイによる福音書

聖書の黙想と適用 マタイによる福音書26章36~46節(新共同訳 新約p.54)

(1) 悲しみもだえるイエス・キリスト(36~39節)
 イエス・キリストは弟子達と共にゲツセマネにやって来た(36節)。ゲツセマネはイエス・キリストが弟子達と祈っていた場所であったので、ユダもよく知っていた(ルカによる福音書22章39節、ヨハネによる福音書18章2節)。イエス・キリストはユダの裏切りをご存知であったが、天の父の御心に従われた。
 イエス・キリストは弟子達に「わたしが向こうへ行って祈っている間、ここに座っていなさい」(36節)と命じ、ペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、祈りに行かれると、悲しみもだえ始められた(36節)。イエス・キリストは、彼らに「わたしは死ぬばかりに悲しい」とご自分の苦しい心情を吐露され、「ここを離れず、わたしと共に目を覚ましていなさい」(38節)と願われた。それから、少し離れた所に行くと、イエス・キリストはうつ伏せになり、「父よ、できることなら、この杯を過ぎ去らせてください。しかし、わたしの願いどおりではなく、御心のままに」(39節)と祈られた。「杯」は主なる神の怒りの象徴である。
 イエス・キリストは近づきつつある死の前で、深く悩み悲しまれた。その苦しみは十字架刑がもたらす肉体的な苦痛以上のものだった。全人類の全ての罪を負うことによって、天の父の怒りがイエス・キリストに降り注ぐのである。しかも、イエス・キリストほどその恐ろしさを知っておられる方もいない。罪のある私達が本来受けるべき苦しみを、罪のないイエス・キリストが苦しまれた。しかし、最終的には天の父の御心に従う祈りを献げられた。

(2) 天の父の御心に従うイエス・キリスト(40~46節)
 イエス・キリストは、弟子達が眠っているのを御覧になり、「わずか一時もわたしと共に目を覚ましていられなかったのか」(40節)と言われた。そして、「誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い」(41節)と語られた。
 それから、イエス・キリストは「父よ、わたしが飲まないかぎりこの杯が過ぎ去らないのでしたら、あなたの御心が行われますように」(42節)と再び祈られた。更に、イエス・キリストは同じ言葉でもう一度祈られている(44節)。イエス・キリストは「御心が行われますように、天におけるように地の上にも」(6章10節)と祈ることを教えられたが、ご自身も実際にそのように祈られた。
 その間も弟子達は眠気に勝つことが出来なかった(43節)。イエス・キリストは彼らを起こし、「わたしを裏切る者が来た」(46節)と告げられた。