Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章41~48節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書19章41~48節(新共同訳 新約p.148)

(1) エルサレムのために涙を流すイエス・キリスト(41~44節)

 イエス・キリストは、エルサレムを御覧になり、「もしこの日に、お前も平和への道をわきまえていたなら……」(42節)と言われ、イスラエルの愚かさに涙を流された(41節)。「神の訪れてくださる時」(44節)とは、イエス・キリストが王として、メシアとしてエルサレムに入城する時である。平和の王であられるイエス・キリストを受け入れることこそ「平和への道」であり、そのような者に主なる神は平和をもたらして下さる。
 にもかかわらず、エルサレムイエス・キリストを拒んだ。その結果は裁きであった。敵がエルサレムを包囲し(43節)、その住民は子供に到るまで虐殺される。そして、都は一つの石も残されることなく、完全に破壊される(44節)。これらはA.D. 70年にローマ帝国の将軍ティトゥス(後に皇帝となる)によって現実となった。エルサレムイエス・キリストを迎えなかったために裁きの日を迎えた。

(2) 神殿をきよめるイエス・キリスト(45~48節)

 イエス・キリストは、エルサレムに着くと、すぐに神殿に行かれ、そこで商売をしていた人々を追い出された(45節)。エルサレムの悲劇は人々の生活の中心である神殿が腐敗したことから始まった。神殿の指導者は主なる神を自分達が利益を得る道具とした。彼らの暗黙の了解によって神殿の境内には商売人が横行していた。
 イエス・キリストは「わたしの家は、祈りの家でなければならない」(46節)と語られた。神殿は「強盗の巣」(46節)ではなく、人間が主なる神に出会う「祈りの家」である(イザヤ書56章7節)。かつて預言者エレミヤは、人々が神殿に出入りしながら、悪事を行っていることを指摘し、「強盗の巣窟」という表現を用いた(エレミヤ書7章11節)。教会もまた、主なる神の御言葉が宣言され、イエス・キリストがおられ、聖霊が人々に働かれる場である。それ故、主なる神の御心が何よりも尊ばれなければならない。主なる神の御心を優先しないことは、主なる神の御名を盗むことに他ならない。