読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章27~40節

聖書の黙想と適用 ルカによる福音書20章27~40節(新共同訳 新約p.150)

(1) 復活を否定するサドカイ派(27~36節)

 サドカイ派ユダヤ教の中で最も権力と富を有する勢力であった。また、合理主義的な考え方を持ち、「復活があることを否定」(27節)した。「次の世」(35節)や「天使」(36節)のような霊的存在も認めなかった。彼らは地上における生涯が全てであると考えていた。その彼らが復活を主題にしてイエス・キリストを試みた。
 サドカイ派の人々は、復活を信じることを嘲笑うために、一つのたとえを持ち出した。7人の兄弟が「子供を残さないで」(31節)順番に死んだ。律法では、子供を残さずに兄が死んだ場合、弟が兄の妻を娶って、兄のために子供をもうけなければならなかった(28節、申命記25章5節)。サドカイ派の人々は、7人の兄弟全員と結婚した女性は、復活の時、誰の妻となるのかとイエス・キリストに論争を仕掛けた(33節)。彼らはこのように問うことによって復活信仰の馬鹿馬鹿しさを示すことが出来ると考えた。
 イエス・キリストは、サドカイ派の人々に対し、彼らの問いの根本的な間違いを指摘された。彼らは「次の世」をこの世の延長として捉えていた。しかし、次の世では夫婦が一つとされる以上に、主なる神と一つとされる。それ故、「めとることも嫁ぐことも」(35節)なく、また「もはや死ぬこと」(36節)もない。サドカイ派の人々が馬鹿にした復活は、それほど大きな主なる神の祝福であり、栄光に満ちたことであった。イエス・キリストを主と信じ、「復活するのにふさわしいとされた人々」(35節)は、この「復活にあずかる」(36節)ことが出来る。

(2) 生きている者の神(37~40節)

 イエス・キリストモーセ五書をもって復活を証明された。主なる神は、モーセに現れ、ご自分のことを「アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神」(37節、出エジプト記3章6節、15節)であると名乗られた。主なる神は永遠であられるが故に、彼らも「死んだ者」ではなく、「生きている者」として主なる神に覚えられている(38節)。「すべての人は、神によって生きている」(38節)とイエス・キリストは言われた。サドカイ派モーセ五書を根拠に復活を否定していただけに、イエス・キリストの言葉に驚いたことだろう。イエス・キリストがこのことを語られた後、彼らはそれ以上何か尋ねることはなかった(40節)。
 主なる神は「生きている者の神」であられる。旧約の時代に主なる神に仕えた人々は、今主なる神の御前にいる。同様に、イエス・キリストを主と信じる者も、イエス・キリストによって主なる神の子供とされた。聖霊の臨在の中でイエス・キリストと死と復活を共にし(ローマの信徒への手紙6章8節)、今は「神に対して生きている」(11節)。イエス・キリストの命が自分の内にある時、私達は死に勝利することが出来る。