Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 ミカ書6章1~8節

聖書研究 ミカ書6章1~8節(新共同訳 旧約pp.1455-1456)

【概要】
 主なる神は、ご自分がイスラエルを「エジプトの国から導き上り」、「モーセとアロンとミリアム」を「遣わした」ことや、「シティムからギルガルまでのことを思い起こし/主の恵みの御業をわきまえる」ように言われた。主がイスラエルの民に求めておられるのは、生贄ではなく、「正義を行い、慈しみを愛し、へりくだって神と共に歩むこと」である。

【歴史的背景】

【釈義】

【黙想】
(1) わが民よ、思い起こすがよい(1~5節)

 主なる神が与えて下さった恵みを忘れるなら、災いの日が近づいてくる。主なる神は、御手によって造られた「山々」や「地の基」を証人として立て(1~2節)、自分がイスラエルに対して間違ったことをしたかと問われた(3節)。主なる神は、イスラエルを苦しめるどころか、逆に彼らを贖い、救い出された。モーセのような指導者を遣わし、エジプトで奴隷として暮らしていたイスラエルの民を解放された(4節)。また、イスラエルを呪う敵の前で彼らを祝福し、彼らを約束の地に導かれた(5節)。主なる神は、自分がイスラエルに対して行った「恵みの御業」を思い起こすよう、彼らに求められた。ご自分の民を最後まで顧み、救いを成し遂げることが主なる神の公義である。主なる神の契約を日々思い起こす時、恵みの循環が生じる。

(2) 求めていることを告げられる主なる神(6~8節)

 イスラエルは、主なる神が下す裁きを恐れ、儀式をこなして主なる神の歓心を買おうとした。その際、彼らは「自分の罪のために」、「当歳の子牛」や「幾千の雄羊、幾万の油」に加え、自分の「長子」をも生贄として献げるという憎むべき態度を見せた(6~7節)。彼らは、主なる神を正しく知らず、自分の咎や罪について心からの悔い改めをせず、宗教的な形式だけを追い求めた。そのようなイスラエルに対し、主なる神は「何が善であり/主が何を求めておられるか」(8節)をはっきりと告げられた。主なる神が私達に願っておられるのは「正義を行い、慈しみを愛し/へりくだって神と共に歩むこと」(8節)である。即ち、主なる神の御前に謙り、律法に従って主なる神の御心を行うことである。主なる神は、私達が生活の中で主に従い、主を礼拝することを通して、ご自分の公義と栄光が現れることを喜ばれる。

【適用】
1. 主なる神がご自分の民と討論されるのは何故か。主なる神がこれまで私達の人生に与えて下さった救いの恵みを思い出そう。

2. 自分勝手な偏見をもって主なる神に仕えていないか、省みよう。私達と共同体に対し、主なる神が今求めておられることは何だろうか。

祈り
 いつでも私の人生に正しいことを行って下さる主よ、そのような主の前に、見せかけではなく、私の全存在と心を献げます。主の御心通りに生き、主を愛し、主と共に歩むことが私の人生の最も麗しい結果となりますように。