Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 民数記31章25~54節

聖書研究 民数記31章25~54節(新共同訳 旧約pp.268-270)

【概要】
 主なる神がモーセに言われた通り、戦利品の半分は兵士達に、残りの半分はそれ以外の民に分けられた。兵士達は取り分の500分の1を主なる神に献げ、民は50分の1をレビ人に与えた。また、部隊の指揮官であった千人隊長、百人隊長は、主なる神に金の献納物をささげた。それは臨在の幕屋に運ばれ、イスラエルの人々のための記念とされた。

【歴史的背景】
戦争と戦利品
 古代の戦争は非常に過酷であった。戦いの勝利者は、征服した町を焼く前に徹底的に略奪した。家畜、戦って倒れた兵士の所持品など、価値あるものは全て奪った。
 戦利品を得る喜びが、兵士達に命を懸けて戦わせる原動力であった。当時の兵士達には月給がなく、戦利品を報酬と考えたからである。聖書には、主なる神がバビロンの王ネブカドレツァルに「エジプトの土地を与える。彼はその富を運び去り、戦利品を分捕り、略奪をほしいままにする」と約束されたことが記されている(エゼキエル書29章19節)。

【釈義】
25~47節 戦利品の分配
 主なる神はモーセに「祭司エルアザルや共同体の家長たちと共に、捕虜として分捕った人間と家畜の数を調べ」(26節)るように命じられた。それに続いて、戦利品の分配方法について語られた。戦利品の半分は戦いに行った兵士達に、残りの半分はそれ以外のイスラエル人に分配された(27節、サムエル記上30章24~25節)。戦いに行った兵士達は部族ごとに千人ずつ、全部で1万2千人で(5節)、20歳以上の男子の総数の50分の1程度であった。従って、戦いに出た兵士は、残りのイスラエル人よりも遥かに多くの戦利品を分配された。
 兵士達は、分配された戦利品のうちの一定部分を主なる神にささげる献納物として祭司に渡し、イスラエルの他の人々も、分配された戦利品の一定部分をレビ人に与えた(28~31節)。祭司は兵士達の受ける分の500分の1を、レビ人は民の受ける分の50分の1を受け取った。祭司とレビ人が受ける戦利品の比率は1対10である。祭司とレビ人に分配された戦利品の比率は、主なる神がレビ人に命じられたこととも合致する(25~30節、18章26節)。18章は祭司とレビ人に与えられる分け前を定めている。レビ人は民がささげた10分の1の10分の1を献納物として主にささげた。そして、レビ人が主にささげた献納物は祭司に与えられた(18章28節)。ここでも同様に、主なる神は戦利品を祭司とレビ人に分け与えることを命じている。それは祭司とレビ人の生活を支えるものとなった。また、兵士達は、主なる神に特別な献げ物をすることで、戦いに出ることと血を流したことによる罪責を主の御前に贖った(50節)。
 イスラエルは膨大な量の戦利品を略奪した。彼らは羊67万6千匹、牛7万2千頭、ろば6万1千頭、男と寝ず、男を知らない女3万2千人を奪い取った(32~35節)。また、千人隊長と百人隊長が16750シェケルの金を主なる神にささげている(52節)。これほどの戦利品を、戦いに出た兵士達と民、そして祭司とレビ人が分かち合った。このように戦利品を分けることは、後にイスラエルが征服する地とその産物を分かち合うことを予表し、32~36章においても重要なポイントになっている。

【黙想】
 ミディアン人との戦いにおいて得た戦利品は膨大であった。この戦いでイスラエルは、羊67万6千匹、牛7万2千頭、ろば6万1千頭、また大量の貴重品を得た。それについて、主なる神は、半分を戦いに行った兵士達の、残りの半分を行かなかった人々のものとされた。戦いに行った者の数は一部族当たり千人なので、命を懸けて戦った者により多く配当されるのは公平であるように思われる。しかし、戦いを勝利に導かれたのは、他でもなく主なる神である。戦いは主なる神に属するものなので、兵士達は戦利品として得たものの中から500分の1を主なる神にささげなければならなかった。それを守ることを通して、更に主なる神に頼らせるという教育的な効果もあっただろう。

【適用】
 イスラエルに戦いを命じられた主なる神は、イスラエルの民に勝利を与えられた。勝利は戦利品をもたらした。主なる神は任務だけを与えるのではない。主のために労苦する者に戦利品をも与えられる。主なる神は私達に救いを無償で与えて下さるが、使命の遂行を通して私達にこの地での祝福も与えて下さる。
 一方、神の民には今も守るべきことがある。主日礼拝、十分の一献金、奉仕などである。主なる神がそれらを定められたのは、それらを通してより一層主なる神に頼り、信仰が成長させられ、聖書の言葉に従って正しい行いが出来るように導かれるためである。

【祈り】
〈私の勝利〉から〈主なる神の勝利〉へと視点が変わる時、戦利品を喜んで献げ、分け与えることが出来ると教えられました。主が私に与えて下さったものを、他の人々に喜んで分け与え、全ての人が豊かになる恵みを味わわせて下さい。