Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書黙想 詩編45編10~17節

聖書黙想 詩編45編10~17節(新共同訳 旧約p.879)
「王なるメシアと一つとなる花嫁」

 永遠の王なるメシアと一つとなることを望むなら、まず心と生きる姿勢を新たにしなければならない。主なる神が立てられた王の尊厳は、花嫁との結婚によって頂点に達する。王の花嫁は、新しい生活のために自分の「民」と「父の家」を忘れ、新しい心で王と一つとなる準備をしなければならない。この詩は、王として来られるメシアの王権とその国を歌っているという点で、イエス・キリストとその民の関係を描いたものと見ることも出来る。主の花嫁となった私達は、罪深い古い自我を捨て、王なるイエス・キリストを主として迎え、この方に従わなければならない。そうする時、イエス・キリストと一つになって豊かな祝福を味わうことが出来る。