Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 イザヤ書5章1~7節

聖書の黙想と適用 イザヤ書5章1~7節(新共同訳 旧約p.1067)

(1) 主なる神の期待と落胆(1~2節)

 主なる神は農夫であり、イスラエルの民は「ぶどう畑」(1節)である。農夫は「良いぶどうが実る」ことを期待して、「肥沃な丘」を「よく耕して石を除き、良いぶどうを植えた」(1~2節)。そして、愛情を込めて世話をし、「見張りの塔を立て、酒ぶねを掘」(2節)った。私達に対する主なる神の労苦はいつも最高のものである。しかし、期待に反して、「実ったのは酸っぱいぶどう」(2節)だった。
 ぶどう畑の目的は華麗な花や立派な枝ではなく、良い実を結ぶことである。農夫であられる神は、私達に良い実を結ぶことを期待される。私達も良い実を結んで主なる神の情熱に応えなければならない。
 では、どうすれば良い実を結ぶことが出来るだろうか。主なる神は「裁きの霊と焼き尽くす霊をもってシオンの娘たちの汚れを洗い、エルサレムの血をその中からすすぎ清め」(4章4節)られる。私達の肉の力では良い実を結ぶことは出来ない。ただイエス・キリストだけがそれをお出来になる。ぶどうの木であられるイエス・キリストにしっかりと繋がっている時、枝である私達は豊かな実を結ぶ(ヨハネによる福音書15章5節)。

(2) イスラエルの裏切りと主なる神の裁き(3~7節)

 主なる神は、イスラエルの民を選ばれ、良い所に置かれただけでなく、自ら彼らの保護者になられた。「わたしがぶどう畑のためになすべきことで/何か、しなかったことがまだあるというのか」(4節)と言われるほど、彼らのために尽力し、惜しみなく愛を注がれた。
 しかし、イスラエルの民は「裁き(ミシュパト)」と「正義(ツェダカ)」を願われる主なる神の期待に全く応えなかった。寧ろ「流血(ミスパハ)」と「叫喚(ツェアカ)」を引き起こした(7節)。ご自分の愛にイスラエルの民が裏切りによって応えたことは、主なる神を失望させ、悲しませた。
 これに対し、主なる神は彼らに裁きを下すことを決められた(5~6節)。私達は裁きのメッセージを聞く時、主なる神の御心を理解しなければならない。また、その愛がどれほど細やかで具体的であるかを見なければならない。