Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 イザヤ書8章23節~9章6節

聖書の黙想と適用 イザヤ書8章23節~9章6節(新共同訳 旧約pp.1073-1074)

(1) 闇の中を歩む民は大いなる光を見る(8章23節~9章4節)

 主なる神の裁きの目的はいつも回復である。ユダに対する裁きが預言された後、希望のメッセージが語られた。
 まずイザヤは「先にゼブルンの地、ナフタリの地は辱めを受けたが/後には、海沿いの道、ヨルダン川のかなた/異邦人のガリラヤは、栄光を受ける」(8章23節)と宣言した。ゼブルンの地とナフタリの地は異邦人の軍隊の侵入により苦しみに遭った。しかし、その地が「刈り入れの時を祝うように/戦利品を分け合って楽しむように」(2節)喜びを味わうようになる。
 主なる神は「彼らの負う軛、肩を打つ杖、虐げる者の鞭」(3節)、即ちアッシリアとバビロンの力を砕かれる。「地を踏み鳴らした兵士の靴/血にまみれた軍服はことごとく火に投げ込まれ、焼き尽くされ」(4節)る。「闇の中を歩む民は、大いなる光を見/死の陰の地に住む者の上に、光が輝いた」(1節)という宣言は、来る世代に希望を与える言葉である。

(2) ひとりのみどりごが私達のために生まれた(5~6節)

 主なる神は「ひとりの男の子」を私達に与えて下さる。彼は「ダビデの王座とその王国」(6節)を継承し、権威は「彼の肩に」ある(5節)。このみどりごは幾つかの呼び名を持っている。卓越した知恵と統治力を持つ「驚くべき指導者」、抑圧されている者を救う「力ある神」、ご自分の民を愛し、保護する「永遠の父」、国を堅く立て、ご自分の民に責任を持つ「平和の君」である(5節)。
 このみどりごによって「平和は絶えることがな」く、「王国は正義と恵みの業によって/今もそしてとこしえに、立てられ支えられる」(6節)。イザヤの預言は、当時王であったヒゼキヤを超える存在であるメシアの到来を暗示している。妬むほどにご自分の民を愛される「万軍の主の熱意」(6節)がそれらを全て成就される。
 主なる神は、御子イエス・キリストにおいて全能なる王、平和の王として私達と永遠に共にいて下さる。この世は今も戦争や不安で引き裂かれている。しかし、私達が主なる神の権威に対して頑なに反抗し、主なる神に服従しないなら、主なる神と私達の間で戦争が起きる。それは最も大きな戦争である。しかし、私達自身を主なる神に差し出すなら、その戦争を終えることが出来る。その時、私達は主なる神との真の平和を得ることが出来る。