Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

Gary North Dominion and Common Grace 8

Gary North Dominion and Common Grace 8
【関心・疑問】

【論文名】
8. Filled Vessels

【著者名】
Gary North

【書名・(巻・号)・出版社・出版年・(版)】
Dominion and Common Grace: The Biblical Basis of Progress, Tyler, Texas: Institute for Christian Economics, 1987, pp.201-217

【本文の構成】
PREFACE
INTRODUCTION
1. The Favor of God
2. God’s Restraining Hand vs. Total Depravity
3. Wheat and Tares: Historical Continuity
4. Van Til’s Version of Common Grace
5. Eschatology and Biblical Law
6. Sustaining Common Grace
7. Epistemological Self-Consciousness and Cooperation
8. Filled Vessels
9. The Inside Man
CONCLUSION
APPENDIX- Warfield’s Vision of Victory: Lost and Found

【内容の要約(ページ数)】

【引用したい文章(ページ数)】
 投獄の経験は義しい人の勝利(triumph)に繋がっている。ラバンに奉仕したヤコブは家畜(flock)の最も良いものと共に出発するに到った。監獄におけるヨセフの数年間は、エジプトでの命令権(command)に関して第二の地位(position)に導いた。ダニエルはバビロンの王の食卓で使用人(servant)として野菜[だけ]を食べた。しかし、後にダニエルは[バビロンを]治める者となった(ruled)。バビロンの最後の夜においてさえ[そうであった](ダニエル書5章29節)。イエスは十字架で死んだ。[それは]邪な人々(the wicked)の最終的な試み(ultimate attempt)であり、神の民を夢中にさせた(consume)。しかし、イエスは死者の中から再び甦り、絶対的な力を得(マタイによる福音書28章18節)、そして天に上げられた(使徒言行録1章9節)。(pp.214-215)

【コメント】