Soli Deo Gloria

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書の黙想と適用 ナホム書3章8~19節

聖書の黙想と適用 ナホム書3章8~19節(新共同訳 旧約pp.1462-1463)

(1) ニネベの無力(8~13節)

 アッシリアは、一時期、近東を支配した強大国である。また、その都ニネベは、外敵の侵略を防ぐために要塞化されていた。ニネベの民も、他の国々の民も、エネベが滅びるというメッセージを信じられなかった筈である。しかし、アッシリアがどれほど堅固な要塞と強力な軍隊を持っていたとしても、主なる神が怒られる時、生き残ることは出来ない。
 主なる神はアッシリアをエジプトの都市国家テーベと比較する。テーベは「ナイルのほとりに座し、水に囲まれ/海を砦とし、水を城壁としていた」(8節)。また、クシュ、エジプト、プト人、リビア人の助けを受けていた(9節)。テーベは決して弱い国ではなかった。にもかかわらず、テーベは滅亡し、民は「捕囚として連れ去られた」(10節)。「お前はテーベにまさっているか」(8節)と主なる神はニネベに問いかける。
 主なる神は、「初なりの実をつけたいちじくの木」が「揺さぶれば、実が食べる者の口に落ちる」ように(12節)、ニネベの都も簡単に陥落すると宣告される。その時、アッシリアの兵士は「敵にとって女のよう」であり、敵の前に「国の門は広く開かれ/かんぬきは火で焼き尽くされる」(13節)。彼らは「敵を避けて逃げ場を求める」(11節)しか術がなくなる。
 主なる神はアッシリアの王と民の慢心を見ておられた。ヨナの警告の後、100年余りを待たれたが、アッシリアは立ち返らなかった。彼らは堅固な要塞、頑丈な門、屈強な兵士をもっていかなる侵略者の攻撃も退けられると確信していた。しかし、主なる神は少数の軍隊でも強大国を滅ぼすことがお出来になる方である。主は国々の罪を裁かれる。また、個人の罪を裁かれる。主なる神の警告を拒否し、罪に固執するのは恐ろしいことである。

(2) ニネベを打たれる主なる神(14~19節)

 ニネベに対し、主なる神は「籠城に備えて水をくみ、要塞を堅固にせよ。泥の中に入って、粘土を踏み/れんがの型を固く取れ」(14節)と言われた。要塞に依り頼むニネベの人々に対し、要塞をより強固にして、ニネベが滅びるのを防いでみよと挑まれた。
 しかし、彼らがどれほど準備しても無駄である。主なる神はニネベに「火はお前を焼き尽くし/剣はお前を断つ」(15節)と宣告される。かつて主なる神がエジプトを打たれた時、いなごの大群がエジプト全土を襲い、「木であれ、野の草であれ、エジプト全土のどこにも緑のものは何一つ残らなかった」ほど食い尽くした(出エジプト記10章14~15節)。同様に「火はいなごが食い尽くすように」(15節)、ニネベを焼き尽くす。
 また、主なる神は散らされていくニネベの人々を「移住するいなご」に喩えている。ニネベを豊かにした多くの商人も(16節)、ニネベを強くした部隊や将軍も、皆いなごのように飛び去り、「どこに行くのかだれも知らない」(17節)。人間はどれほど強く見えても、主なる神の御前では非常に弱い存在である。
 主なる神が下された裁きはニネベの再興が不可能なほどに厳しいものだった。アッシリアの「打たれた傷は重」く、その「傷を和らげるもの」もなかった(19節)。アッシリアは完全に滅び、王は、地方を治める領主(「牧者たち」)も貴族も、「山々の上に散らされ」た兵士達も2度と集めることが出来ない(18節)。それは彼らの行ってきた悪に対する報いであった。
 一方、アッシリアの悪に「常に悩まされてきた」人々は、ニネベ滅亡の知らせを聞くと、「手をたた」(19節)いて歓声を上げる。主なる神の裁きは虐げられてきた人々を悪から救う恵みでもある。
 悪を行う者が栄えていると思えてならない時がある。不義の者が富と権威を得て安住し、平安に生きているように見える時がある。しかし、目に見えることだけで、早まって判断してはいけない。主なる神は義なる方である。正しい裁きを行って、私達の涙を拭って下さり、私達に勝利の喜びを与えて下さる。