Five Solas Ministry

主なる神の言葉である聖書を、あらゆる事柄に関する最高権威、人生における規範とし、イエス・キリストを主とする神の国(支配)の拡大と完成を願っています。

聖書研究 詩編66編8~20節

聖書研究 詩編66編8~20節(新共同訳 旧約p.898)

(1) 私達を試みられる主なる神(8~12節)

「諸国の民よ、我らの神を祝し/賛美の歌声を響かせよ」(8節)と詩人は語る。主なる神は、「銀を火で練るように」イスラエルの民を「試され」(10節)、そして彼らを「導き出して/豊かな所に置かれた」(12節)からである。
 イスラエルの民は歴史の中で過酷な試練に幾度となく直面した。主なる神は彼らを「網に追い込み」、彼らの「腰に枷をはめ」(11節)、人が彼らを「駆り立てることを許された」(12節)。
 しかし、「火の中、水の中を通」るような苦難に直面しても、イスラエルは決して滅びることがなかった。それは主なる神の恵みであった。試練は、主なる神がご自分の民を純金のようにするための手段であり、主なる神のご計画の内にある。
「神は我らの魂に命を得させてくださる。我らの足がよろめくのを許されない」(9節)と詩人は言う。神の民が試練を通る時、主なる神は黙って見ておられるわけではない。主なる神も悲しみ、心を痛められている。そして、試練の後に必ず豊かな恵みを注いで下さる。

(2) 祈りに耳を傾けて下さる主なる神(13~20節)

 主なる神が祈りに答えて下さった後、詩人は「苦難の中で唇を開き/この口をもって誓ったように」(14節)、「献げ物を携えて神殿に入り/満願の献げ物をささげ」(13節)た。それは、主なる神の恵みに対する感謝のしるしであり、主なる神に真実に仕えるという決心の表現であった。
 また、詩人は「神を畏れる人は皆、聞くがよい/わたしに成し遂げてくださったことを物語ろう。神に向かってわたしの口は声をあげ/わたしは舌をもってあがめます」(16~17節)と述べ、主なる神が自分になさった大いなる御業を証しした。
 苦難の中で主なる神に誓いを立て、祈りを献げた詩人の姿は、絶望の中にある人、苦難の中にある人が覚えるべき姿である。また、彼の証しと讃美は信仰共同体を霊的に目覚めさせる奨励の役割を果たしたことだろう。
 主なる神は、「心に悪事を見ている」者の祈りは「聞いてくださらない」が(18節)、主なる神を切に慕い求める者の祈りには「耳を傾け/聞き入れてくださ」(19節)る。「神をたたえよ。神はわたしの祈りを退けることなく/慈しみを拒まれませんでした」(20節)と詩人は主なる神を讃美する。
 主なる神の御心が行われることを第一に願う謙遜をもって祈ることは、神の民の基本的な態度であり、問題解決の重要な鍵である。